城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆海外34-5【エクアドル:キト〜米国:オーランド】

<<   作成日時 : 2014/02/20 06:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

★ソチ五輪は女子スノーボード大回転で竹内が銀メダルだ。
平成12年(2000)12月22日(土)〜1月3日(木)「ガラパゴス
オーランド13日間」の旅行をした。チャールズ・ダーウィ
ンの進化論を垣間見た気がした。本来の「ガラパゴスフリー
9日間」の旅行は終わろうとしていた。しかし、ここからが
苦難の連続だった。ヒューストン行きが欠航で、NY経由で
帰ることにした。しかし、NYの大雪で、フロリダのオーラ
ンドに降りることになってしまったのだ。語学力のない私の
苦難が続く。

画像

 (★オーランドのユニバーサルスタジオ)


*******中南米編***************************************
箕輪初心◆海外34-1【エクアドル:キト〜ガラパゴス:サンタクルス島】
http://53922401.at.webry.info/201402/article_17.html

箕輪初心◆海外34-2【ガラパゴス:ノースセイモア島の軍艦鳥】
http://53922401.at.webry.info/201402/article_18.html

箕輪初心◆海外34-3【ガラパゴス:バルトロメ島の不思議な生物】
http://53922401.at.webry.info/201402/article_19.html

箕輪初心◆海外34-4【ガラパゴス:ダイビング】&チャールズ・ダーウィン研究所
http://53922401.at.webry.info/201402/article_20.html

箕輪初心◆ゾウガメ「ロンサム・ジョージの死」&ウミガメの話
http://53922401.at.webry.info/201207/article_3.html

箕輪初心◆海外21-1【ボリビア&チリ14日間】@ボリビア編
http://53922401.at.webry.info/201402/article_14.html 
                               
箕輪初心◆海外21-2【チリ:サンチャゴ〜イースター島1日目】
http://53922401.at.webry.info/201402/article_15.html

箕輪初心◆海外21-3【ボリビア&チリ14日間】イースター島後編
http://53922401.at.webry.info/201402/article_16.html
*******************************************************





【7】平成12年(2000)12月29日(金)
●第7日目
06:30・起床
07:15・朝食 (パン、ジュ−ス2)
・朝の散策
画像

画像

 ・イグアナの隣で
画像

 ・フィンチ
画像

・吉原氏の部屋を記念撮影。
 

09:50・オ−ナ−と記念写真
・スク−バ・イグアナのTシャツが欲しかった。
15$➡12$
 20$札しかなかった。
  吉原氏が出してくれた。ありがとう。
  「これで、写真を送って下さい。」
  「いいんですか?」

10:10車で40分

11:00ボ−トに乗って5分
 吉原氏が、席をゆずった。
   母は喜んだ。


11:00バロトラ島
画像

お土産店   絵はがきを購入


11:30ビ−ル休憩
画像
 
 ★ これで、ガラパゴスとはお別れだ。
    二度と来ることはないな。不思議な島。
    ダーウィンの進化論かあ。



13:3030分遅れ
 ・吉原氏「このスチュワ−デス、最高に美人。」
CO750便
・降りるとき、写真をお願いした。
 「送ってあげますね。」
画像

 (★一眼レフの写真はぶれてない。)


15:15キト空港着      ・
チェックイン・・・・
キト着
画像

・荷物をくる前にトイレ・・・・
・谷口さんがいて、
 「金を出しても、赤道記念碑に行きたい。」
と言ったが、
 「吉原さんは特別。」
  と言って、冷たくあしらわれた。
  ★もっと低姿勢の口の聞き方もあるだろう
 とむっとした。


・車移動

・ヒルトンコロン・H
赤羽さんという女性が対応に当たった。
英語ができないって大変。

18:00 夕飯は食えない
   ★マングロ−ブ蟹は、遠くなりにけり。


18:10インディアン・マ−ケット
・土産店を散策・・・・安い。
  ★こんな面白いマ−ケットは久しぶり
 使える金は25$。交渉の連続。楽しかった。
楽器は2店・・・・でも、サンポ−ニャなどは、1年半前の
ボリビア旅行で、いいものをたくさん買った。

  結局、アンデスの陶器の笛5個・・・12$
     人形の楽器(お面付き)     4$
     アルパカのセ−タ−      8$


19:00ホテル
 荷物を置いた。
  
 町中安全通り散策
 「安全?」について聞いてから、通りを行った。
  夕方は安全だった。

・ホテルをでた角に20歳前後の白人系・インディアン系の
  3人の女の子がにこにこしながら、「は〜い。」と声を
  かけてきた。

・酒場・・・・閉まった銀行・・・・★金がおろせない。困った。

・別の裏通り
・さっきの若いの白人系・インディアン系の3人の女の子は完全に
  色目を使って、声をかけてきた。
  「ああ。俺、暇ないんだよな。」。
  スペイン系の女の子は、可愛いかった。
  ★腹が減っていて、どうでもいいや。



17:50メトロポリタン・ツア−の人に声かけられた。
 「吉原さんは?」
 「赤道記念碑へ、谷口さんと行って、俺には分からない?」
 と答えた。

 210号室


20:10吉原さんたちが、帰ってきた。
   記念撮影
  谷口さん「26年キトに在住。今度、来るときは・・・・」 
  名刺を下さった
画像

  ★谷口さんに日本から頼むと、6〜70 %に
   なるのだ。


  ・車移動


20:50空港・コンチネンタルのカウンタ−へ
 1時間待ち
  ・25$の空港使用税

22:00・出国手続き
  待合室ロビ−で、吉原氏は横になって寝ている。
 
  ・やがて、何かの放送。
  聞き取れなかったので、手荷物検査の方に聞くと、
  「ここを出なくてはいけない。」
  と言われた。


22:30・吉原氏を起こして、カウンタ−の方へ戻る。
 ・霧で飛ばないことが分かった。
  さらに、荷物が出されたので、吉原氏が、聞いてきた。
  「飛行機が霧のため、着陸できなかった。」

  ・日本人の4人家族
   「明日のこの時間、ヒュ−ストンへ帰る。アメリカに
    住んでいる。」とのことだった。

・吉原氏に「谷口さんに、電話しようか。」と、聞いたら、
   「夜、遅くので、悪いからやめよう。」
  と言った。俺は迷った。

・吉原氏は「どうしても、12月31日に愛知県に帰りたい。
  帰らなければならない。」
  ★この時期、こんな責任感のある発言するのは、病院の
  お医者さんしか、いねえなあと思った。


  かなり、吉原氏は焦っていた。
  明日の1番早い飛行機で日本に帰ることに決断したらしい。

俺は、まだ迷っていた。
  もう、キトのホテルで1泊するかどうか?・・・・1泊すると、
  次の1月4日出発でフィリピンに行かなくちゃいけないから、
  日本には2日しかいられない。
  さっき、シェラトンホテルは75$と言ってたし、
  もっと安いホテルもタクシ−ドライバ−に聞けば、あるだろうし、
  ・・・・かといって、$は3$しかないしな。
  安いホテルでは両替はできないだろうし、
  ・・・・ちくしょう、金がねえ。 
  さっきの日本人に両替してもらえば、よかった。
  結局、俺には、時間と$がねえ。・・・・困った。

  
  いいか、吉原氏が聞いた一番早く帰れる方法で・・・・
  31日に帰れるみたいだから・・・

  ・吉原氏は、この空港の寒さから、毛布を借りに行った。
   でも、貸してはくれなかった。
   俺は、スキ−用の2万円のアンダ−パンツ(ももひき)
   を履いた。でも、寒かった。
   俺も、「寒い。なんか、貸してくれ。」と頼んだ。
   でも、だめだった。きっと、5〜10度の感じかな。

23:30 やがて、係員がシ−トをもって来てくれた。
    ★でも、ひどい。今ですか。




【8】平成12年(2000)12月30日(月)
●第8日目・・・★まだ、帰れない。
×コンチネンタル航空の対応の悪さに腹がたった。
 @コンクリ・タイルの上にシ−トだけで、10度以下の所で寝させる。
 Aホテルは用意してくれない。

・寒くて、何度も目が覚めた。
  ぞくぞくしてよく寝られなかった。

05:00 目を冷ますと、大勢の人が並んでいた。
吉原氏を起こして、我々も並ぶことにした。
吉原氏が交渉してくれて、一番前に並んだ。
偶然、ヒュ−ストンで声をかけた初老のご夫婦がキト在住の
旅行会社の方と並んでいた。

・カウンタ−
キト➡ニュ−ワ−ク➡ロスアンジェルス➡成田であった。
CO     CO       NW

*結局、成田着は1日の14:30位。家は早くて19時。
 「日本に31日に帰れるのか?」
 「一番早く帰れる方法は?」
などと聞いた。
  「帰れる。」とのことだった。
  
 でも、チケットを見ると、こちらの時間で、書いてあることに
  気付いた。結局、1日の14:30位になる。
 ☞あ〜あ。遠いなあ。
  これだったらキトに戻りたかった。
  赤道記念碑と縄文式土器とそっくりの陶器を見られるという
  博物館に行きたかったなあ。

   
  
 「タクシ−の運転手との交渉次第だが、50$で町まで行く。
  さらに、遠くまで連れていってくれて70$だ。」
  とボリビアの元青年海外協力隊の荒井さんが言ってい
  たっけ。
  ★しかたない。あきらめるか。

  吉原氏も、31日に帰れないのがわかって、苛立ちをかく
   せない。


出国手続き
  吉原氏は、旅行会社の人と一緒に行って、
  ニュ−ワ−ク➡成田に変更

待合室 初老のご夫婦や吉原氏と話した。
  コロンビア人・・・・日本に行くのだが、コロンビア人は
  NYで、滞在の許可がおりない。などと話していた。


08:30キト発  
・左隣のおにいさんとの話・
・右隣のきれいなコロンビア人女性がペンを借りた。
・朝食 (パン、ジュ−ス)
CO750便


10:00サンフェセ・タ・ボゴタにトランジット
 ・結構、時間がかかっている。
  飛行機の中で睡眠。機内放送。
でも、わからなかった。
  斜め前にいた老夫婦が
 「NYが吹雪のため、空港閉鎖。オ−ランドに緊急着陸する。」
 旨を教えて下さった。
 スクリ−ンには、飛行機の航路がフロリダ半島東から鋭角状に
 引き返しているのが映っている。


14:00オ−ランド
・モノレ−ル移動
 入国手続き
荷物返しシステムがわからない。
 吉原氏が聞いてくれた。
  ここはA地区ではなく、B地区であることが分かった。
・Bの1階で荷物の受け取りと分かった。
  ★大きな空港でまいった。


15:10吉原さんと俺は、怒りをこらえてカウンタ−捜し。
   ずっと、小走り状態。
   吉原氏「トラブル起こったことがないの。」
  と聞いてきた。
  私があんまり焦ってないように見えるのだろう。
 「ありますよ。でも、英語はよく分からないから、言葉を
   考えてからでないと動けないのです。」
  ★・・・・ああ、情けない。

  コンチネンタルのカウンタ− 
     すごい行列だった。1時間待ち以上だ。

 やがて、交渉。吉原氏は割りとあっさり帰ってきた。

 俺は、紙にかいた「1回目のコ−スと1回目のコ−ス」
  を説明しながら

 「日本に早く帰りたい。一番早い方法で・・・・
  例えば、ヒュ−ストン➡成田。ロス➡成田。・・・・・・」
  など、はじめは予約券が複雑で分からなかった係りも、
  「霧と吹雪」を説明すると2人がかりで一生懸命コンピュ−
  で捜してくれた。

 15分位捜してくれた。
  ★何か、見つかるといいな。アメリカだろう。

  でも、だめだった。ホテルの券が出るという。
 「今日は全ての飛行機は満席でもうだめだ。」
  と男性係員が必死で話す。

1階のホテルのチケット渡しの場所


17:30吉原氏と合流
   「明日、NY➡成田はだめだ。」
 「アメリカンに交渉してみたら?」と言うと・・・・
  アメリカンのカウンタ−
   「10000$???? 120万円・・・・・
 吉原氏はもう一度、聞きなおした。
  でも、同じ。★万策つきた感じ。

バスが来ていたので、「マリオットHに行けるか。
 」聞いた。吉原氏は、気力が薄れ、ボ−ッとしていた。
 「これ、行けるのかなあ。聞くのを忘れた。」
 ・・・・「2回確認したから、行けると思います。」

マリオット・H
  ★バカでかいホテルでおおにぎあいだった。
フロントで、日本人かと思っていたが、香港人だった。
「電話がついてないない部屋だがいいか?」と聞かれ、
 「いやだ。」
 といったが、電話のある部屋はもうなかった。

E−126号室  荷物を置いた。1階だった。
 吉原氏と待ちあわせた。
  ホテルの食事は高かった。日本食は60$

17:20夕飯「イタリアン・レストラン」
  バイキングとオ−ダ−の両方だったが、よく分からず、
  取りすぎた。
  使える金は20$。でも、足が出た。

 電話 10$でテレホンカ−ドを購入
 でも、かけ方がわからず、何度も他の人に聞いたがだめ。
 もう一度、10$でテレホンカ−ドを購入。
  でも、今度は、売場のおばさんに、日本につないで
  もらった。

父「もう、帰ってきたか。公ちゃんんも来ているよ。」
俺「帰りは2日になりそうです。・・・・・・   」

 ベランダに出て、窓にロックアウトされた。
  フロントに行って、係の人を呼んでもらったが、内側のロックも
  かけてあったので30分以上も部屋に入れなかった。


21:40旅行会社の永吉さんからのTEL
    「やっと、見つけました。」
    「2日遅れになりそうです。」
    「風呂の水、止めていいですか?」
    「部屋番号は?」

   永吉さん「どうしますか?」
吉原さんは、メトロポリタン➡成田に挑戦します。・・・・」
 私は空港で探します。」
と、答えた。

20:00 睡眠



【9】平成12年(2000)12月31日(火)
●第9日目・・・オーランドで別のホテル探し


04:00・吉原氏はコンチネンタル航空のカウンタ−めざして
もう行ったかな?
・2度も目が覚めた。
今日は緊張してよく寝られなかった。

05:00
・急いでフロントに行った。
たまたま、空港へ行くバスがあった。

05:40空港カウンタ−
   吉原氏が見えたが、声をかけなかった。
   表情のよい吉原氏は、1日に帰れそうだなと思った。
   よかったね。
   ・・・・本当、責任感の強い方だった。立派な人だった。
   ★お疲れ様でした。

07:00  昨日と同じように交渉したが、結局、今日は動けない。
「2日も遅れるんだから、今日もホテルをただで泊まらせ
  てくれ。」
と言ったが、だめだった。
オ−ランド➡ヒュ−ストン➡成田
 CO     CO
*結局、成田着は2日の15:30位。家は早くて20時。
 ・汚い紙に明日のフライトを書いてある紙を予約券に貼って
  くれた。
 ★「これで帰れる。」と思ったが、悲惨な旅行になった。
  親孝行の真似事はできないな。いつもやっていないげど・・・・・・
 それに、1日日本にいて、フィリピンか。
  これなら、最初からガラバゴスに残りたかったな。
  上村氏は延泊は無理と行っていたし、カンク
 ンは、片道12万円もするって言ってたし・・・・・
  もう、俺だって、精力を使い果たした。
  あ−あ、最初から、1日遅れのヒュ−ストン経由の方が
  よかったとか・・・・
 ・30分くらいは気が抜けて、動く気がしなかった。

10:00 案内所  銀行か両替所のある所
    テレフォンカ−ドの売っている所を聞いた。

カ−ドを売っている所
     両替  20000円=170$
     電話のある所、聞いた。

電話   フリ−ウェイツ−リストへ。よくかけられず、だめだった。
     HISの現地係員にかけ方を聞いて、永吉氏はいなかった。
     結局、電話代は30$。

案内所  ホテル・・・・紹介してくれたが、高かった。
     オ−ランドの観光ガイド でも、日本語版ではなかった。
       ユニバ−サルスタジオ? ディズニ−?

日本人4人  ディズニ−にこれから行く。
       ユニバ−サルスタジオは面白かった。
       宇宙センタ−は館内を開放しているそうです。

「とりあえず、ホテル捜しか?」
 と思い、到着してしている送迎マイクロを聞いてみたが、
 決められない、とのことであった。
 「先の90$ホテルか?」と思っていた。
  また、電話か? 俺には難しい。もっと、いい方
 法はと考えると、空港内のホテルがあれば・・・・。
  いつも通り、タクシ−
 運転手に1ナイト20〜30$位のホテルを聞いて、連れていっ
 てもらうか。
 ★もう、疲れた。一服しようと・・・・・
 と、考えていた時、偶然、旅行社の現地日本人係員が見えた。
 「あ、そうだ。ホテルを斡旋してもらおう。」
 「安いホテルと観光を斡旋できますか?」
 と聞いた。
 「でも、高いですよ。」・・・・・・
 「じゃあ。ホテルを聞いてみましょうか。」
 2階がフリ−ダイヤルのホテル案内の電話だった。
 ★親切だった。
 近くのホテル名を知っていて、2つも聞いてくれた。
 「キンタ・イン」に決定。
  今日は、足止めされた人のためにスペシャルプライス
  だという。

C−22 送迎車を待つ。

送迎車

11:00 キンタ・イン
 「客が出ないので12:00まで、ロビ−で待ってくれ。」

近所探険  モスバ−ガ−やコンビニが見えた。

211号室

タクシ−依頼 
「ユニバ−サル12$・15分で来る。」
と言っていたが白タクシ−は、「28$」請求した。
 ★空港の案内所では20$位と言っていたから、ボリすぎ。
  まあいいか。30$渡した。



〜〜〜ユニバ−サル・スタジオ〜〜〜〜〜〜〜

12:30 ユニバ−サル・スタジオ
 腹へった。

 歩くエスカレ−タ−に乗って、着いたところで、ココを聞いた。

スタジオ入り口
 日本人の2組を見かけた。
「ここのポイントはどこか。あんまり、興味ないのに来ちゃった
から、効率よく回りたい。おおって、感動する所がいい?」
なんて、我儘言って、教わった。
★でも、イメ−ジがわかない。・・・

 40$?で門の中・・・・
  こんな有名な所はジャパニ−ズガイドがある。
 ★やっぱり、俺って流石旅慣れている。
  といっても、英語生活が長かったので、疲れた。
あまり、話せないから・・骨休めにならなっかった。
そして、興味ある所ではないから・・・・・・

画像


 @「ニッケロデオン・スタジオ」・・・・子供参加番組。
画像


画像


  ・ジャズ・・・・・
画像
 
 ・昼食・・・・・・・フランクフルト・コ−ラ


 A「コングフロンテ−ション」  
  40分並んで・・・・
  NYのロ−プウェイでキンコングに会いにいく。
  落差もあって大迫力だった。


300人のマ−チングバンド・・・・
  ★すごい感動

B「アイスランド・オブ・アドベンチャ−」
  暗くなって、竜巻が起こる。俺も、びちょぬれ。子供はなく・・・・

・トイレ捜し

Cビ−トルジュ−ス・ロックンロ−ル
  怪獣のいでたちで、パホ−マンス。大迫力。
   唄にストリ−がある。

D「ア−ス・クエイク」(地震)
  地下鉄で、水没さわぎ。

E「ジョ−ズ」
  3トンのさめのおもちゃが海面を動く。火柱もすごい。
画像



 F「エイリアン・アタック」 1時間半待ち。
  大人も子供も並ぶわけだ。途中で時間ぎれになっている
   のに、並んでいる人のため、「今、並んでいる人まで」
   と暖かい処置・・・・すごい・
  むかし、「風雲たけし城」でやっていたようなもの。
   どっちがパクリかわからないが・・・・
   とにかく、エイリアンを、銃で撃つ。これが当た
  ると得点になる。85000点で、6人中だんとつ
   だった。
   メガネを押さえても結構あたった。
  ★人気があるのは当然だ。面白いのだ。
画像


 ・入りたかった「バック・ツウ・ザ・フュ−チャ−」はだめ。
       「タ−ミネ−タ−2」もだめ。
画像



・入り口の門・・出口
画像


タクシ−
 ・運転手は「ハレルヤ」を聞いている。
  俺も「演奏したことがある。トランペットだけど・・・・」
  「君はミュ−ジシャンか?」・・・・・・・
  などともりあがった。
 
  ・ホテルに着いたが、セブンイレブンに酒をタバコを
   買いにいく。」と
  言ったら、回送してくれた。
  21$であったが、今年最後の25$を渡した。
  ★へたくその英語に付き合ってくれて、うれしかった。

・キンタ・イン  ウェイクアップコ−ル 4:30
 風呂
 荷物整理
 睡眠

オ−ランド➡ヒュ−ストン➡成田。
    CO     CO
*結局、成田着は2日の15:30位。家は早くて20時。


1991年 ・パリの凱旋門でカウントダウンで、車のひき殺し目撃
1992年 ・志賀でスキ−合宿中に酒で乾杯&睡眠
1993年 ・モスクワ空港で新年を迎えて  &パリへ
1994年 ・ロ−マのホテルで睡眠・・・・・・・・・・&バチカン市国へ
1995年 ・ブダベストの橋の上でカウントダウン ・・&子豚に寄付
1996年 ・和美の家で大晦日から・・・・・・・・・・
1997年 ・カイロからの機内でカウントダウン・・・・・&ソウル
1998年 ・シャモニ−のホテルでの歓迎レセプション&イタリアのスキ−場へ
1999年 ・カトマンズの王宮でカウントダウン・・・・・&歩いてホテルへ
2000年 ・グアムのダイビング・・・家・・インスブルックスキ−へ
2001年 ・オ−ランドのホテルで睡眠・・・・・・&ヒュ−ストンから成田へ



【10】平成13年(2001)1月1日(日)
●第10日目・・・・
04:00 ・コンチネンタル航空のカウンタ−めざして
タクシ− 
    頼んでおいたタクシ−は12$ チップ3$

05:00 カウンタ− 
   1時間も待っていた。
   日本人も結構いる。

  前の人が空いたように見えた。
  すぐ、後についた。
  予約券を見せると、
 「アナザ−・ライン」
  と言っている。でも、交渉をし始めた。もう一度
 「アナザ−・ライン」
  俺、大変だったから、ビジネスに乗せてくれるのかな。
  でも、彼女が指差したのは、みんなの最後列だった。・・・・・・
 俺は、パニックになった。5オクロック、ケイムヒヤ−。
  でも、彼女は信じてくれない。
  俺はHISの体の大きな人を呼んだ。彼に、
  「最後列に並べ。」と言われたことを説明した。
  「先に並んでいた。」と一生懸命彼女に説明してくれた。
  アメリカ人と結婚して赤ちゃんのいる前の日本
 人の女の子も言い出した。
  3人で、「ずっと、ここに並んで待っていた。」
  と言い張った。
   ・・・・やっと、了解してくれた。
  彼は「くそばばあ。勘違いしがって。」と、私の肩を
  持ってくれた。
  彼女は、体裁が悪かったのか、隣のカウンタ−でボ−ディング
  パスをもらうように指示した。
 ★混んでいたとはいえ、コンチネンタルの扱いは最低だった。

06:00 昨日と同じように交渉した。

06:10  ああ。疲れた。
    HISの方にお礼を言った。

07:00 出国手続き

07:30 電話   フリ−ウェイツ−リストへ。
        また、かからず、だめだった。

08:40 オーランド発
時差1時間

10:00 ヒューストン空港探険   お土産
  この近く在住の女の人と話した。


10:40 ヒュ−ストンを出発
8時間30分予定
オ−ランド➡ヒュ−ストン➡成田。
*結局、成田着は2日の15:30位。家は早くて20時。
   ・睡眠
   ・朝食・・・・
   ・ひたすら、睡眠


【11】平成13年(2001)1月2日(火)
●第11日目・・・★やっと帰れた。
15:40 成田着
16:30 成田   1920円
17:30 上野
18:00 上野  新幹線
19:00 高崎  父の迎え
19:30  家    
 ☞やったね。楽しい旅行だった。多くの方に感謝。
 旅行会社:上村さん・社長の永吉さんに大感謝。
 吉原さんの大感謝。
*悪かった点
 @帰りは悲惨・・・3万円。時間。寒さ。体力。気力。
 Aコンチネンタル航空の対応。・・・・キト・オ−ランドで
 B最終の費用合計は、630000円。使いすぎだな。

*よかった点
 @1m近くで見られる動物に感動。
 A固有種とハンマ−ヘッドと対面。
 Bスク−バ・イグアナのサンチャゴさん・マラカルさんの親切。
 Cホテルの寿司サ−ビス。


 そして、夜は宴会だった。

【12】平成13年(2001)1月3日(水)
ゆっくり寝正月だった。



【13】平成13年(2001)1月4日(木)
 ・フィリピンのドマゲッケィにダイビングに出かけた。
 4泊5日の強行スケジュールだった。



★明日は、メキシコ&コスタリカだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆海外34-5【エクアドル:キト〜米国:オーランド】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる