城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●栃木【唐沢山城】佐野氏→上杉謙信→北条氏→佐野氏

<<   作成日時 : 2013/12/08 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★唐沢山城は関東七名城の一つである。唐沢山247m山頂を本丸と
して一帯に曲輪が配された連郭式山城である。高い石垣が築かれて
いるのが特徴である。本丸には築城主:藤原秀郷(伝)を祀る唐沢山
神社がある。遺構としては立派な本丸石垣、大手枡形、土塁、堀切、
井戸などが残っている。戦国時代、佐野第15代当主:佐野昌綱VS
上杉謙信・・10回の唐沢山城の戦いが有名である。江戸の大火で
江戸が見えたという。現在は新宿の高層ビル・スカイツリーが見える。
画像



■訪問日・・・@平成20年(2007)7月2日 個人
○佐野市街から北に行くと東山道コースに出る。更に北上する。
  佐野市街地の北方約5km・・・・山が迫ってくる。

●峠の駐車場は30台程と停められる。

●野面積みの石垣が見えた。
◎天狗岩・・・狼煙台

◎二の丸の石垣は7〜8mの城門へと続く。

◎二の丸武者溜まりがある。

●岩を削った見晴らし台がすごい。

○宿舎の前に井戸。・・・直径8mの井戸深さ9mの井戸だ。
  
●四つ目堀切を越え、

○10分程で本丸下の石垣に出た。ここの石垣もすごい。 
  

●本丸が唐沢山神社だ。
★佐野城の詰めの城だけあるなあ。と思っていたが、
 実は詰め城ではなかった。
 「関東七名城の一つか、すごいな。
  石垣・土塁がしっかり残っている。」




■訪問日・・・A平成25年(2013)11月7日 かみつけの里
○足利市街から東に行った。足利氏2代目:足利義兼が建てた樺崎寺
前を進む。昔の東山道コース・例幣使街道コースに出る。
○佐野市に入る。・・・山が迫ってくる。
●田沼高校を右に見ながら、根小屋地区を進む。
 バスがやっと曲がれる九十九折りの道を登っていった。

●峠の駐車場は30台程と停められる。
横にトイレがある。
土産屋がある。
画像



かつては、侍屋敷があった。
画像

○看板
画像

○表札
画像


@虎口・・・大手枡形
画像

  野面積みの枡形の石垣が見えたが、後世のものである。

A天狗岩・・・狼煙台・見張り台
画像



B天徳丸=西城&蔵屋敷・・・現唐沢山荘
画像

秋の松茸料理がいいらしい。
○案内板
画像



C大井戸・・・
★ガイドさん「直系8m、深さ10m」
画像

○大きな石
画像



D帯郭〜ひらいや山へ通ずる。
おそらくは櫓台跡か出丸であろう。

○大手道
画像


○石橋

E1つ目の空堀
画像


F三の丸下通路
★岩を削平した道である。
 右下が崖になっていて、攻めにくい地形である

○分岐
画像


○2つ目堀切を越え、・・・
画像


○3つ目の空堀

○削平された道
画像

画像

画像



G南城
画像

画像

画像


岩を削った見晴らし台が凄い。
 景色は最高・・・「江戸の火事が見えた場所か?」
新宿の高層ビル・スカイツリーが見えた。



○御朱印をくださる場所。
画像



この北東部にさたに長門丸・金の丸・杉曲輪がある
らしいが、行けなかった。


○石のきれいな階段を登る。
画像

画像



H腰郭
画像


I本丸・・・現唐沢山神社
画像

画像

画像




J本丸西虎口
画像



K二の丸
画像

○二の丸虎口
画像



L本丸下の石垣に出た。
画像

ここの石垣が最高・・・。
算木積みで直線的で角度がある。なので、豊織系である
可能性がある。天正18年(1590)〜以降の遺構である?
佐野信吉時代の遺構であろう。


L二の丸
○石垣は7〜8mと続く。
曲線を描いている。北条流の可能性がある。
画像

画像



M二の丸武者溜まりへと続く。
画像


N三の丸へと続く。
画像



▼戻った。

○井戸・・・直径8mの井戸深さ10mの井戸だ。
  
○天狗岩=見張り台

ガイドさんに「清水城」の写真を撮らせていただいた。
 ありがとうございました。




▼駐車場のバスで戻った。▼〜〜〜下った。
怖かった。運転手さんも怖かったって。

●根小屋地区
○大門跡付近
画像

○家臣団の屋敷跡・・・
@和泉屋敷
A隼人屋敷
B家臣団の屋敷跡・・・3000人位?
○田丸高校・・・たぶん、屋敷だろう。

○川






◆◆ 唐沢山城の歴史 ◆◆

●平安時代・・・麓に佐野城が築かれた。(最近の説)
ガイドさん「清水城=興聖寺」が有力です。とのこと。
画像

画像



【1】伝承
・延長5年(927) 藤原秀郷が下野国押領使を叙任。
「むかで退治伝説」
画像

画像

画像



   関東に下向。唐沢山に城を築いたのが始まりとされる(伝)。
・天慶3年(940) 天慶の乱
藤原秀郷が 平将門の乱を鎮圧した。
 藤原秀郷は従四位、武蔵・下野両国鎮守府将軍を拝領した。
 ※天慶3年築城説もある。

・天慶5年(942) 完成した(伝)。
その後、5代にわたり、唐沢山城に居城した
 6代目:藤原成行は足利荘に移り、一時廃城となった。

・治承4年(1180)源頼朝の挙兵
  藤原9代目:藤原俊綱の弟:成俊は再び唐沢山に城を再興
   し、佐野氏を名乗った。

・建保元年(1213) 佐野成俊は30余年をかけて城を完成させた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●地元ガイドさんの説明
藤原秀郷または秀郷の子孫の館
・・・・



〜〜〜〜〜最近の見解〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●最近の研究
 唐沢山城の起源は15世紀後半までしか遡らない
 が明確になった。
・延徳3年(1491) 藤原秀郷の末裔:佐野盛綱が城の修築を
    行った。(★有力説)

・明応9年(1500) 藤原秀郷の末裔:佐野盛綱によって築城?
     
・大永3年(1527)  佐野盛綱→秀綱→安綱→豊綱→昌綱→

・天文15年(1546) 川越城の戦い
   上杉氏は川越城の奪回を図った。
   後北条氏の奇襲で上野国(群馬)藤岡:平井城に逃亡。               
  →後北条氏は旧上杉氏所領を取得。
   北条氏忠(氏康6男)を河越に配置。
★実質的な総司令官は大導寺政繁であった。・・・
河越の原型は大導寺政繁の功績であった。と
川越市かなんかのパンフレットに書いてあった。

  相模の北条氏 VS 越後の上杉氏
佐野氏は二大勢力に苦悩した。

・永禄3年(1559) 北条氏政に3万5千の大軍をもって城を包囲
された。謙信は即座に援軍を差し向け北条軍を撤退させた。
(★ウキペデイアでも,間違うことあるんだね。
  どうしようもない間違い見つけたので、書いてみた。)

・永禄3年(1560) 長尾景虎の第一次関東出兵に出撃。
佐野昌綱の嫡男:佐野宗綱は上杉氏の養子に入った弟:虎松丸
 と不和となった。
 佐野一族間で「唐沢山天正の乱」と呼ばれる争いが起こった。
 結果・・・佐野氏は上杉氏と決別するに至った。

 長尾景虎の唐沢山城攻撃

・永禄4年(1561) 2月 長尾景虎→上杉政虎
(★上杉憲政の一字を賜り、政虎となった)
  上杉政虎の唐沢山城攻撃

・永禄5年(1562)  松山城の戦い
  上田・北条・武田連合軍 VS 上杉・太田連合軍(敗北)

・永禄6年(1563) 
  上杉謙信は岩槻太田資正と石戸の渡し(北本町)へ侵攻。
        
  上杉謙信は騎西城・小田城・古河城・小山城・唐沢山城に侵攻。

・永禄7年(1563)8月7日
上杉謙信「唐沢山城・・険しいところだが、
苦労してせめた。」(★蕪村文書:関東の城を歩く)
  ・・・やっと攻略した堅固な山城だった。
色部勝長と五十公野(いじきみの)を城代にした。
この時、北に連続竪堀を造らせた。(一説には)

・永禄10年(1563)北条氏照の攻撃
 12月10日「本丸だけの状態になってしまった。」
(★上杉謙信への書状:歴代古案)
→開城した可能性がある。
佐野昌綱に城が返された。

・永禄12年(1565) 相越同盟
※北条氏康の6男が上杉謙信の養子になった。
再び、上杉謙信の家臣:色部勝長が城代になった。
改修工事・・・

・天正年間(1572)〜
佐野昌綱→宗綱

・天正13年(1576)
 佐野宗綱が戦死。
対 足利城・館林城の長尾顕長・・
 
 佐野氏は上杉氏と決別し孤立化し、北条氏と
  和議を結んだ?
  北条氏康の五男:氏忠が唐沢山城の城主となった。
 ※根小屋地区の大改修が行われた?(★松本一夫氏)

・天正15年(1587) 佐野氏は北条氏康の五男:氏忠を養子に
  迎え北条氏と和議を結んだ

・天正18年(1590)  豊臣秀吉の小田原出兵+関東攻略。

  佐野宗綱の佐野房綱(政綱)が城主となった。
徳川家康が関東に入封。
     
・文禄2年(1593) 豊臣氏家臣富田一白の2男:信種を養子に
   迎え、秀吉の一字を賜り、佐野信吉と名乗った。
   佐野政綱→佐野信吉が唐沢山城へ
 ●唐沢山城の修築・・・本丸・南城などの算木積みの石垣。
   二の丸の石垣は7〜8m。・・・豊織系の石垣である。 

・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い
 佐野信吉は徳川家康方に付き3万5千石の旧領を安堵され
  佐野藩が成立した。

・慶長7年(1602)
 3月  徳川家康の春日岡への移動命令
 12月 佐野信吉は佐野城を築城
    →唐沢山城は廃城。
 ※廃城説
  @江戸に火災があった時、山上にある唐沢山城より火事を
  発見し。早馬で江戸に駆け参じた。
  「江戸を見下ろせる所に城を構えるは何たることか。」
  と徳川家康の不興を買ったと言う説がある。
 A江戸から20里(80km)以内の山城は禁令されていたという
  説もある。

・明治16年(1883) 本丸跡に唐沢山神社が建立された。

★参考文献
・佐野教育委員会パンフレット
・関東の城を歩く:文責松本一夫著


■おまけ・・・佐野犬伏の別離(「米山の「あけみ寿司」)
  関が原の戦いの直前、
  真田信之(東軍)VS 父:昌幸と弟幸村(西軍)の別れ。







★明日は、佐野城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●栃木【唐沢山城】佐野氏→上杉謙信→北条氏→佐野氏 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる