城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆高崎の国際交流2000年の歴史

<<   作成日時 : 2013/10/24 05:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

高崎の国際化の様子、つまり、外国の文化→群馬・高崎に入って
来ている様子を遺跡・遺構の視点や人物を中心にまとめてみた。
私の勝手な視点なので、どうってことはないブログである。ピント
が外れているかもしれないが、まあいいかって感じだ。

画像





■旧石器時代 3万年前〜
 @人間の移動・・・・陸続き。
 *東南アジア説・・・・→沖縄・・?
 *モンゴル方面説・・・→★栃木:葛生原人は間違いだった。

■2万年前〜 ?
      
■縄文時代 ?
   
■弥生時代
 @稲作技術の伝来*韓国・中国・フィリピン・・・
  → 九州→近畿→現愛知付近・(船)・江戸湾の奧
  (★若狭徹先生の説・・出土品から証明されている。 
高崎市並榎遺跡
   高崎市:日高遺跡(稲作)
   高崎市北部標高200〜100m・・井野川流域
    :箕郷町下芝・生原の田んぼ:千枚田。
 A麻織り(服)技術の伝来
  (★高崎染色博物館)    

■大和王権時代
 @焼き物技術
   *韓国の須恵器→西日本
    →東日本→群馬 高崎市北部・標高150〜80m
   須恵器の増加

■古墳時代
 @土木技術の伝来
 A銅鏡や水瓶の伝来
 B漢字の伝来・・・*韓国・・・→埼玉県さきたま古墳群の出土の刀
 *韓国:慶州の武寧王の墓・丸山古墳他
    ↓
画像

 (★若狭徹先生作成資料)
 ●元島名将軍塚古墳
 ●高崎:観音塚古墳
  中国の庫てき廻洛墓(こてきかいらくぼ) 水瓶・傭
  韓国:慶州の武寧王の墓の鏡
  高崎:観音塚古墳水瓶
 ★高崎市八幡町:観音塚古墳と博物館に行こう。
    石舞台古墳の構造と同じ・・・蘇我の力が地方にも影響?   
 ●高崎市:保渡田古墳群(旧群馬町・・・高崎市北部)
    @二子山古墳A八幡塚古墳B薬師塚古墳
    C三ッ寺T遺跡D谷ッ古墳   
画像

画像

 (★若狭徹先生の作成資料)
 ●高崎市綿貫町:綿貫古墳群の観音山古墳と群馬県立博物館
   長さ127m    鏡:朝鮮の武寧王陵と酷 
   水瓶(中国)の庫てき廻洛墓(こてきかいらくぼ)酷似
    (群馬県立博物館「羽ぬを越えた鏡と水瓶の縁」)

  
箕輪初心◆群馬の古墳@元島名将軍塚古墳
http://53922401.at.webry.info/201103/article_21.html

箕輪初心◆群馬の古墳A浅間山古墳172m=東日本bR
http://53922401.at.webry.info/201103/article_22.html

箕輪初心◆群馬の古墳C=保渡田古墳群
http://53922401.at.webry.info/201103/article_24.html

箕輪初心◆群馬の古墳D「八幡古墳群&若田原古墳群」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_25.html

箕輪初心◆群馬の古墳F「高崎:上小塙稲荷山古墳&箕郷の古墳」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_27.html

箕輪初心◆群馬の古墳G「高崎:上小塙稲荷山古墳&箕郷の古墳」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201103/article_27.html

箕輪初心◆群馬の古墳H「綿貫古墳群」=群馬最大の石室
http://53922401.at.webry.info/201103/article_29.html


箕輪初心☆【群馬における韓国&韓国語2−@古墳文化】
http://53922401.at.webry.info/201209/article_8.html


■奈良時代
1)石碑に記録する技術・・・字を読める高崎人
    朝鮮系の多胡一族・高麗(こま)一族が文化の担い手。

  群馬の3石碑   
   ●山上の碑681年・・・・放光寺の僧:長利が、自分
     の系譜を記し、母の黒売刀自を供養したものである。  
画像

   ●多胡の碑・・・・新羅?の羊太夫が国司に赴任
   ●金井沢の碑・・先祖供養の仏教碑なのである。  
箕輪初心☆群馬における韓国&韓国語2−A『多胡碑&上毛3山』
http://53922401.at.webry.info/201209/article_9.html

箕輪初心■山上碑・多胡碑・金井沢碑+山上多重塔
http://53922401.at.webry.info/201310/article_4.html

2)焼き物技術
  @瓦(須恵器から瓦)
  A唐三彩→奈良二彩・三彩(兵馬俑にほとんど同じ。)
   ※国分寺(旧群馬町の国分寺跡・国分尼寺)
      前埋文の前沢先生(現横浜市立博物館?)が発掘。

■平安時代 ? ?

■鎌倉時代 ・・・宋銭の流通

■室町時代 ? ?

■戦国時代 ポルトガル→日本
 @鉄砲
  種子島・・・外国製
          ↓
          日本製・・・→
 Aキリスト教・・・宣教師フェルナンデスが沼田に13日
  長野業政も300丁持っていたとか?
   (町田一族も持っていた。)

■江戸時代
オランダ・・・・蘭学・
 中国・・・・・・
 日本→外国   焼き物・刀・いりこ・海草
  
 @嶺 春泰(1746〜1793):蘭学医。
   高崎藩大河内輝規侍医が父。
   前野良沢の弟子で解体新書翻訳。
  
箕輪初心★「高崎の文化人19+α」江戸時代編
http://53922401.at.webry.info/201310/article_19.html

 A小栗上野介(高崎倉渕) ・遣米使節として渡米。
  ・日本でで最初の株式会社「築地ホテル」
  ・横須賀造船所・仏語伝習所開設
  ・洋式陸軍設立・鉄山開設
  ・鉄道ガス灯開設・郵便・電信・商工会議所
  ・郡県制度・森林保護・・・・
  ・最後、高崎市の倉渕で死去・・・・斬首。
   (★倉渕の東善寺:村上泰賢先生・・墓と博物館がある。)
箕輪初心■東京&群馬:小栗上野介B「業績&提唱」
http://53922401.at.webry.info/201106/article_30.html

  B大河内輝聲・・・西洋式軍隊
箕輪初心★高崎藩最後の藩主19代:松平大河内輝聲(てるな)
http://53922401.at.webry.info/201310/article_17.html


■明治時代 
 ・明治3年(1870) 8月 大河内輝声が高崎鞘町高崎藩立英学校設立
  静岡藩士:作楽戸痴鴬(さらくどちおう)が教師。
藩士50人を選んで生徒とした。
 22歳の高崎藩主:大河内輝聲・弟:大河内輝剛も学んだ。
 内村鑑三・・・キリスト教思想家
尾崎行雄・・・政党政治家
・明治6年(1873)? 廃校か。


@一般・法律
ジョルジュ・イレェル・ブスケ(仏)
  二度高崎に来ている
  明治5年(1872年)官営富岡製糸場ができた。
  1)富岡製糸場のフランス人:ポール・ブリユーナを訪れた時
  2)日光を訪れた時・・・である。  
・明治6年の東京〜高崎〜日光
「日本見聞禄」で、高崎10000戸の都市・・」
 「高崎には一万戸の家がある。したがって住民は25,000人であると推定
  できる。
  ・・・・(中略)・・・
 昔「シロ」があり、今は取り壊されているが、まだ500人の駐屯兵が住
 んでいる。
 ・・・・・(中略)・・・・
 私はあるとき、歩き回っているうちに一つの学校が開かれているのを見
 つける。私は子供の態度に心打たれる。空気と光とが至るところに流通
 している。この国には、普通の文字を読み書きできない一人の男も一人
 の女もなく、12歳を超える子供でそれができないものは一人もいない
 ということが信じられるだろうか。」
(★高崎人物伝:吉永哲朗著)
  
 Aキリスト教
 ★シェッド(アメリカ人)共愛学園
 
 B近代化技術の導入
 ★ポール・ブリューナ(仏)ら10名 →富岡製糸工場
 
グレーファン→新町屑糸製糸
  明治10年(1877)旧内務省勧業寮屑糸紡績所は建設された。
  木造煉瓦造で、設計・施工:佐々木長淳・グレーフェン・
  山添喜三郎であった。現在でも、旧製品倉庫が残っている。

リチャード・ヴィカルス・ボイル
  (アイルランド人・・・ダブリン出身)

   →中山道鉄道(1874)
 明治維新後の日本の近代化のためには鉄道網の整備が不可欠であり、
 鉄道の建設と地域の開発を同時に進めていくことこそが合理的な方
 法であると明治政府に進言した。そして中山道幹線鉄道を造るべきだを
 考えた。・・開けている東海道に沿って鉄道を建設するよりも、まだ
 開発の進んでいない中山道に沿って鉄道を建設することが、より効果
 的な方法であることを力説したのだ。
「高崎ハ東京ヲ隔ツルコト凡ソ六十六哩ニシテ、前橋地方ノ産絹杯、
  東京へ輸出スルノ途中、多クハ此ノ地ヲ経過シ百方ヨリ通常、鄙
  道ヲ通り、此ノ地二輻輳スル運送品ノ取扱ヲ為セル肝要ナル大市
  街ナリ。
  又高崎ノ地位ノ好良ナル及、商業ノ繁栄ナル、加之東京ヨリ此ノ地
  二至ルノ中間二於テハ工業ノ格別二容易ナル二拠テ考フル二、此ノ
  線路ハ現時営業セル東京横浜問ヲ延長シ以テ利スル所アラントスル
  ニ付テハ、第一二着手スベキモノナリ。」
  高崎の重要性を強調している。
  ボイルは中山道の未開不便な地方にこそ鉄道を敷き、運輸の不便を
  解消する、このことが日本海沿岸の地方の開発につながり、ひいて
  は日本経済の発展のためにも「中山道幹線」が必要であると考えた。

 明治政府はこの案を採用し、明治16年に工事の開始を決めた。
 しかし、この中山道幹線鉄道は山間地を通るため莫大な建設費がかかる
 ことがわかり、明治19年には幹線鉄道の路線は東海道沿いに変更され、
 実現することはなかった。
  (★高崎人物伝:吉永哲朗著など)

 ★パウネル→碓氷アプト式
 ★デレーケ(オランダ)→土木
 

 ★ブルーノ・タウト(ドイツ)達磨寺洗心亭→建築家                 
  陶芸家バーナードリーチ来訪
  
 ★ベルツ(ドイツ)・・草津温泉

C旅行
  伊人:デ・ラ・トールの前橋M2
  ス人:ミューレル・シーベルM3
  英人:アダムス長野旅行M3
  英人:パークス浅間登山M3
  英人:ブラック中山道M3
  スウェー人:ノルデンセールド 北極探検→浅間登山
  スウェー人:アーネストサトウ
       群馬県人の海外渡航や海外文化の吸収
大室古墳群の発掘

外国との交流 
 @内村鑑三:キリスト教信者
   1884年に渡米。アーマスト大学シーリー総長の教え
   足尾鉱毒事件の追及、日露戦争の批判など。
箕輪初心★新島襄周辺『内村鑑三の生涯『&「高崎の内村鑑三の碑」
http://53922401.at.webry.info/201302/article_23.html
        
 A茂木惣兵衛:(高崎)貿易商人・財界人
  絹問屋大黒屋・・・横浜貿易・第2国立銀行総裁

 B深井英伍:財界人(高崎)・・・同志社大学&新島襄
  第一次世界恐慌時の日銀総裁で、経済の立て直しに成功。
  ★群馬銀行がつぶれなかったのは、深井英伍の功績とも言える。

 C井上保三郎:(高崎) 高崎の町の発展に寄与
              (★高崎人物伝)

 D山村暮鳥←ウォール(アメリカ人宣教師)から英語を
      学び、通訳。

 ○原口鶴子・・・クレペリン検査
群馬県富岡市に生まれ。新井広三郎とたねの次女。
  群馬県立高等女学校→日本女子大学校英文科入学。
  心理学者:松本亦太郎の影響を受けた。
  明治40年(1907)年米国へ・・心理学者ソーンダイクに師事。
  コロンビア大学大学院心理学部に入学。
  大正元年(1912) 日本女性初の心理学博士号を取得。
       後の早稲田大学教授:原口竹次郎と結婚。
30歳で死亡。


■大正時代
 @全般
 A近代化技術
 B近代化芸術
 C近代化スポーツ
 スキー:レルヒ少佐・ヘルセット中尉
   →猪谷六谷雄・千春は高崎市箕郷に度々立ち寄った。
    
 テニス: 清水善造(高崎箕郷)(1891~1977)
テニスプレーヤー・銀行員としてインド在住 
1920年ウインブルドンでアメリカのチルデンと対戦。
   相手が転んだとき、「柔らかいボール」を出した。
  10年海外出張。

■昭和時代
@全般

A近代化芸術 山口薫(高崎箕郷)(1907~1968)画家  
昭和5年 渡仏 

昭和中 A近代化技術 (井上工業・・・音楽センター)
 ↓

※第2次世界大戦〜〜〜〜〜




昭和最後
「観音山にカッパピアというプール施設があったのだ?」
  ・きれいなお嬢さんも今や、50歳〜60歳?

高崎市の姉妹都市交流の歴史・・・沼賀市長時代に開始。
・昭和55年(1980)「中国:承徳市」との姉妹都市提携 
    高崎市日中友好協会訪中団が承徳市を訪問。

・昭和56年(1981)7月 
  「アメリカ:バトルクリーク市」との姉妹都市提携
    ロータリークラブや企業との関係。
  「ブラジル:サントアンドレ市」との姉妹都市提携 
   ブラジル群馬県人会長と日伯議員連盟会長が高崎の関係者

・昭和62年(1986) 1月 承徳市の農業実習生の受け入れ。

・平成2年(1990) 8月 
  「チェコスロバキア(当時)のプルゼニ市」と姉妹都市提携。
      
・平成8年(1996)〜 姉妹友好都市交流の活発化
    ・親善訪問団・語学教師派遣・留学生交換派遣・・・
    ・少年野球・サッカーなどの交流試合
    ・合唱団・吹奏楽団・歌舞団の公演。

・平成11年(1999)12月 松浦市長が高崎2000年環境会議実行委員会を発足。

・平成12年(2000)高崎市制施行100周年
       ・5市間での国際交流環境プログラム
       ・第3回高崎サミット
              



★参考文献
・高崎市史
・箕郷町誌
・高崎千年物語:若狭徹著
・「青い目の旅人たち」みやま文庫
・高崎人物伝:吉永哲朗著・・・・など


★参考サイト
・高崎市


★明日は高崎偉人、誰にしようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心★旧高崎の偉人伝:近代編
★旧高崎地区は「中曽根康弘」など大物政治家が多い。 ★吉永哲朗著「高崎偉人伝」の近代には、@宮部襄、A矢島八郎、 @内村鑑三、C原口鶴子、D茂木惣兵衛、E深井英五、 F桃中軒雲右衞門、G井上保三郎、H田村英太郎、I村上成之、 J羽鳥千尋、K村上鬼城、L橘外男、M吉野秀男、N八木保太郎、 O花柳徳兵衛、P&#34847;山政道、Q萩原恭平、R松本亨、S橋本一明、 21原口統三、22,金鶴泳、23、池田夏苗が掲載されている。 +αで個人的には、24山田昌吉、25尾崎行雄、26井上... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/11/04 10:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆高崎の国際交流2000年の歴史 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる