城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▼松代大本営=国家中枢移転計画

<<   作成日時 : 2013/09/17 06:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長野市松代にある「松代大本営」は、第二次世界大戦末期に
大日本帝国の軍部が国家中枢機能の移転のために、極秘に
大本営・天皇の隠れ家などを松代に移すという計画を元に造ら
れた未完成の地下壕でである。象山、舞鶴山、皆神山の3ヶ所
に掘られた。多くの地元民と強制労働の朝鮮の人々が亡くなら
れたようだ。
それにしても、軍の幹部&天皇だけが助かって、
国民は置いてきぼりって感じかなあ?・・・現在、象山地下壕が
一般に無料で公開されている。
画像




〜〜〜〜長野市松代町編〜〜〜〜〜

★★ 箕輪初心★佐久間象山A「象山の生涯」 ★★
http://53922401.at.webry.info/201309/article_16.html

★★ 箕輪初心★佐久間象山@「象山神社など」 ★★
http://53922401.at.webry.info/201309/article_15.html

●● 箕輪初心●長野:海津城=松代城 ●●
http://53922401.at.webry.info/201309/article_14.html


★● 箕輪初心◆長野:松代藩の家臣の家 ●★
http://53922401.at.webry.info/201309/article_13.html





●アクセス
歩きの場合・・・松代城から徒歩15分。
松代城→松代文武学校→白井家・勘解由家・T字路・・クランク
・・象山神社前・山部常山宅前・・象山地下壕となる。
車なら、200m程離れた所に駐車場がある。
長谷川家前・山部常山宅前・・象山地下壕となる。
画像


○案内板
画像


画像

「昭和19年(1944)11月11日〜終戦の昭和20年(1945)8月15
日までに計画の約75%が完成した。総費用2億円をかけて、・・・」
軍部が本土決戦最後の拠点として、・・・・
群馬県知事選で落選した後藤新氏は
「東京大地震を想定して、群馬に国家中枢を持ってくる。」
という発想を持っていた。よく似ていると思った。

画像


@ヘルメットをかぶって、出陣・・・。
画像



A坑道に入る。・・・
画像
 
・だんだん涼しくなる。
画像


B掘削した鉄?・・・ロッドとかいうらしい?
画像




C案内板
画像


D一番奥の案内板
画像


朝鮮の方も働かされたんだ。 
 群馬の鉱山にもたくさん朝鮮の方が強制労働させられた。
 ここもそうなのかな?



●2月25に、スキー仲間も行っていた。
画像



★舞鶴山、皆神山には行かなかった。
舞鶴山、皆神山には行く時間がなかったのだ。





★明日は、万座温泉かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▼松代大本営=国家中枢移転計画 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる