城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●山形【鶴岡城】&藤沢周平&高山樗牛

<<   作成日時 : 2013/07/15 08:07   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

山形県鶴岡市は大学吹奏楽部4年の合宿地・演奏会のの地
である。むし歯で合宿中に歯医者通いをして、そのまま放っておい
たら、歯の根が腐り、現在の200万円の前歯を入れるきっかけにな
った。奥の細道紀行2008年7月19日〜21日の途中で鶴岡に宿
泊したのだった。鶴岡城・致道館の外観を見た。藤沢周平&高山
樗牛が鶴岡市出身だと知った。
今回も松尾芭蕉の復刻板である。
画像

 (★鶴岡致道館)





◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉26『奧の細道15』【鶴岡・酒田】&
 ●3城&▲鳥海山 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_10.html

◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉25『奧の細道』M
  【最上川下り〜▲羽黒山・月山・湯殿山】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_9.html

◆◆ 箕輪初心◆山形旅行12回の概要 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●山形【米沢城】&米沢の秘湯 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_4.html

箕輪初心●山形【米沢城】&上杉家廟所・林泉寺・照陽寺 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_5.html

◆◆ 箕輪初心●山形【上山城】&武家屋敷 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_6.html

箕輪初心▲百名山bQ【蔵王4回】&サクランボ大将錦&佐藤錦
http://53922401.at.webry.info/201307/article_7.html

◆◆ 箕輪初心●【山形城】&山形博物館&最上義光歴史館 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_8.html

◆ 箕輪初心●山形【長谷堂城】&直江兼続VS最上義光 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_9.html

◆◆ 箕輪初心●山形【天童城】&芭蕉立石寺&セミの話 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_10.html


◆ 箕輪初心●山形【延沢城】&松尾芭蕉の尾花沢・佐々木監督 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_11.html

◆ 箕輪初心●山形【新庄城】&松尾芭蕉最上川&My川下り一覧
http://53922401.at.webry.info/201307/article_12.html

▲▲ 箕輪初心▲羽黒山の記憶&松尾芭蕉の出羽三山 ▲▲
http://53922401.at.webry.info/201307/article_13.html

▲▲ 箕輪初心▲『月山』=ヒナザクラ&アサギマダラの話 ▲▲
http://53922401.at.webry.info/201307/article_14.html



【1】鶴岡城
■訪問日@・・・大学4年の夏
◆◆ 鶴岡の思い出 ◆◆
大学4年時の吹奏楽部4泊5日合宿&コンサートは鶴岡だった。
大学の先輩:杉目さんが鶴岡商業高等学校(★鶴岡東高校?)で、
吹奏楽部の顧問になったからである。米沢興譲館高校の甘粕さん
もいた。上杉謙信の側近の1人の甘糟の子孫であるらしい。
酒田南高校出身の前田さんもいたかもしれない。
鶴岡での合宿場所・練習場所の体育館はどこか記憶はない。
もしかして、松の林で、後輩を怒鳴りつけていたのか?
宿泊地はどこかの寺だった?・・・全く思い出せない。
大きな山が見えたのを思い出す。・・・鳥海山・月山だ。
こんな大事な時に虫歯に悩み、歯医者通いをした。私は虫歯で
トランペットが吹けず、鶴岡で歯医者さん通いの3日間であった。
そのまま放っておいたら、歯の根が腐り、現在の200万円の前歯
を入れるきっかけになってしまったのだ。

でも、歯医者のついでに旧致道館藩校や鶴岡城を見物した。通り
道だから?・・・ しかし、TPの1番であったが、同僚に優れた
山ちゃん (最近まで日立電気のの部長)・武藤君(後に茨城県警
吹奏楽団指揮者)がいたので、安心して1番を任せた。
演奏会会場は由良海岸か湯野浜海岸で無料コンサートをした。
特設会場だった。演奏会では吹いている真似をした。それから、
鶴岡市か酒田市で演奏会をした。

 

■訪問日A・・・平成20年(2008)7月21日
第9弾2008年夏ツアー「奥の細道&鶴岡ダイビング」の一貫である。
●前日・・・鶴岡のルート・インに泊まった。
画像

 ★惨めな夕食だった。

●朝6:30
 致道館前ではラジオ体操の年寄り軍団が一生懸命やっていた。
 車で、堀の回りを約2周。・・・・
 大学の思い出を噛みしめながら・・・。
●石碑
藤沢周平記念館の工事、進入禁止。
画像


●藤沢周平の看板・・・小説家。山形県鶴岡市出身。
画像

平成22年(2010)4月29日「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館
したそうだ。
★私の見た記憶にあるのは、
「腕におぼえあり」:NHK・・・村上弘明主演・大ファンなのだ。
「たそがれ清兵衛」:映画・・・真田広之&宮沢りえの貧乏暮らし
映画も見たし、最近、図書館でビデオを借りて見た。
画像

画像

「蝉しぐれ」:映画もNHKも見たが、内容の記憶はない。
「剣の爪」:幕末の海坂藩・・・・長瀬正敏&松たか子主演。
画像

画像

「武士の一分」:映画・・・木村拓哉が主演だった。
「山桜」:映画・・・??
「よろずや平四郎活人剣」:・・・??

私はチャンバラ映画の大ファンなのだ。
でも、記憶が曖昧なのだ。



 
画像

●二の丸へ入った。
画像

 
●二の丸から本丸に行った。
画像


●本丸跡
画像

画像

●庄内神社・・・酒井氏の初代:酒井忠次、二代:家次、三代:忠勝、
  九代:忠徳を祀った。

●大宝館(鶴岡公園内)=本丸中門跡
画像

建物は大正4年(1915)大正天皇の即位を祝い建てられた。
★城址には似つかわしくない建物だったが、素晴らしい建築物で
あった。鶴岡って大正レトロの街だったのだ。

▼大宝館の前を通り、本丸跡に戻った。
画像

●高山樗牛の像・・・文学者。名前は知っていたが・・
「吾人はすべからく現代を超越せざるべからず」
意味は・・・人は皆、現代を超越してはいけない。何か変だ。
目先のことにとらわれず、目標に向かって努力し、
現代の世の中を超越するすばらしい社会を作らなくてはいけない
という意味なら、ぴっったしくる。・・・分かんないのだ。

※「高山樗牛生誕の間」が大宝館に移築復元されているらしい。

【2】三の丸・・・
   庄内藩校「致道館」・・・ちどう館には入れなかった。
朝が早かったのだ。昨日も通っただけだった。
画像

  旧西田川郡役所 (致道博物館)
画像







●▲■ 鶴岡城の歴史 ■▲●
・鎌倉時代  出羽国大泉荘の地頭:大泉氏が館を築城・
      大泉氏は土着し、武藤大宝寺氏を名乗った。

・南北朝時代 大宝寺城築城。
       武藤長盛の居城となった。
武藤氏は権勢をふるった。

・天文元年(1532) 砂越氏維によって大宝寺城は焼亡。
        武藤大宝寺晴時は本拠を大宝寺城
       →尾浦城(大山城)へ居城を移し支城。 
    大宝寺城はその支城の一つとなった。

        越後の上杉謙信と手を組んだ。
        武藤氏は庄内地方の統一を果たした。
        武藤義氏の時代に最高潮に達した。

・その後、庄内は上杉景勝と最上義光の争奪の地となった。

・天正11年(1583) 最上義光と結んだ武藤義氏家臣:前森蔵人
 (東禅寺義長)と弟:勝正らの謀反。
  東禅寺義長の尾浦城急襲。
  武藤氏18代武藤義氏自刃。→弟武藤義興が後継。
  
・天正15年(1587) 最上義光が尾浦城を攻略。
   →庄内は最上氏の支配下。
     
・天正16年(1588) 十五里原合戦
   上杉景勝の助けを得た本庄繁長と子:本庄義勝が
   庄内に侵攻→。
   上杉軍の勝利・・・しかし、尾浦城も焼失。
   上杉景勝麾下:本庄繁長が入城。
   本庄義勝が武藤氏を継いで尾浦城再興。
           
   本庄義勝が豊臣秀吉の命で大和国に移封。
   →庄内は上杉氏の所領。尾浦城も再建。
   上杉景勝の領有となった。
上杉景勝は尾浦城(大川城)を庄内地方の本拠とし、
   大宝寺城は支城とされた。

・天正18年(1590) 検地に抵抗した地侍を中心に一揆が起きた。
   大宝寺城番:芋川正親は城を守りきれず落城した。
   直江兼続は一揆の鎮圧にあたった。
   大宝寺城の修復を行い、越後兵を常駐させた。

・慶長7年(1600)  関ヶ原の戦い
長谷堂城の戦い
上杉景勝家臣:直江兼続 VS 最上義光
     直江兼続の敗戦。撤退?
   上杉景勝は西軍に加担した罪により
   会津120万石から米沢30万石に減封。

   最上義光は24万石から57万石を領有する大大名となった。

   最上義光は本城は山形城で、庄内の拠点=支城として
    大宝寺城、東禅寺城、尾浦城などを整備拡張した。

・慶長8年(1603)
東禅寺城→亀ヶ崎城(酒田城)と改称した。
大宝寺城→鶴ヶ岡城と改称された。
尾浦城→大山城と改称された。
    

・元和8年(1622) 最上家のお家騒動(最上騒動)
        →最上3代義俊が改易。
  →酒井忠勝が信濃の松代より13万8千石で入封。
  酒井忠勝は鶴ヶ岡城を本城と定め、鶴ヶ岡城を近世城郭へと
  大改修に着手した。
  二の丸、三の丸を拡充し、城下町の整備を行った。
・以後11代続き明治まで。

・慶応4年(1868) 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟して会津藩と
    官軍と戦った。
    明治と改元された9月25日まで徹底抗戦を行った。




●▲■ 松尾芭蕉は鶴岡→酒田→汐浦→遊佐→三崎峠 ■▲●
「江山水陸の風光数を尽して、今象潟に方寸を責。
酒田の湊より東北の方、山を越、礒を伝ひ、
 いさごをふみて其際十里、
日影やゝかたぶく比、汐風真砂を吹上、
雨朦朧として鳥海の山かくる。
闇中に莫作して、雨も又奇也とせば、
雨後の晴色又頼母敷と、蜑の苫屋に膝をいれて、
雨の晴を待。・・・」
 芭蕉

(★山形・秋田県境三崎峠の曾良の碑)


◆◆箕輪初心★松尾芭蕉24『奧の細道13』【最上川・出羽3山】◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_9.html



■6月10日=太陽暦7月26日
○昼食・・・会角のご接待。 
○羽黒山紫苑寺発 
  羽黒山で世話をしてくれた呂丸の案内で鶴岡へ。

●松山城・・鶴岡市松山

鶴岡:庄内藩士長山重行(じゅうこう)宅に滞在。
  (呂丸の弟の縁戚で江戸勤番。旧知の間柄。)
鶴岡の長山宅1泊目。


■6月11日=太陽暦7月27日
【羽黒を立て,鶴が岡の城下,長山氏重行と云物のふの
家にむかへられて、誹諧一巻有 左吉も共に送りぬ。
川舟に乗て酒田の湊に下る。
淵庵不玉と云医師の許を宿とす。】 芭蕉

★意味・・羽黒山を出発して、鶴岡の城下に入った。
長山重行という武士の家に迎えられて、俳諧一巻を
詠んだ。佐吉も一緒にここまで送ってくれた。
川舟に乗って坂田の港に下った。
淵庵不玉という医者の家を宿とした。


 『 珍しや 山をいで羽の 初茄子び 』
※鶴岡の名産「民田茄子」(小茄子)の漬物が旨かった。
長山重行は庄内藩の俳壇で大きな影響力があった。

鶴岡の長山宅2泊目。

■6月12=太陽暦7月28日
山行の疲れからか体調不十分→散策なし。
鶴岡の長山宅3泊目。


■6月13日=太陽暦7月29日
長山重行邸に3日間滞在。 会覚から浴衣2枚プレゼントを持って・・・

○鶴岡:近くの内川船着き場

・・・・・(舟)・・・・・・


○酒田・・・最上川河口に発達した町。
 江戸時代に川村瑞賢がここから西廻り航路を
 ひらき、港町として栄えた。
 北前船が、米や紅花・海産物などを
 大阪・江戸へと運び、港町・商業の町として
 繁栄した。
【川舟に乗て、酒田の湊に下る。
 淵庵不玉と云医師の許を宿と】


○酒田の医師の伊東玄順の家泊
  俳号は不玉(ふぎょく)宅に滞在。ここに8泊。 


■6月14日=太陽暦7月30日
【甚だ暑し】曾良
○酒田 寺島彦助の安種邸で句会 
「 涼しさや 海に入れたる 最上川 」
   ↓ 
『 暑き日を 海にいれたり 最上川 』 
★意味・・暑い太陽を西の海に入れて、夕方になった。
 最上川が太陽を流してくれて、とっても涼しい夕方
 だな。超気持ちいい。でも、どの句会か分からない。
秋田の帰りに詠んだ可能性が強いが?


○酒田の医師の伊東玄順の家泊
  俳号は不玉(ふぎょく)宅に滞在。ここに8泊。 


■6月15日=太陽暦7月31日
○酒田の伊東玄順宅→→雨の降りしきる中・・・

○酒田:近くの内川船着き場・・・・・

〜〜〜〜(舟)〜〜〜〜

○酒田・・・最上川河口に発達した町。
 酒田は最上川河口にある。
 江戸時代に川村瑞賢がここから西廻り航路を
 ひらき、港町として栄えた。
 北前船が、米や紅花・海産物などを
 大阪・江戸へと運び、港町・商業の町として
 繁栄した。

●日本最高温度・・・かつてフェーン現象で日本1

○旧青山家→裏を通り、砂浜に


○十里塚

○庄内砂丘
昔の旅人は砂浜伝いに難儀したのであろう。

●風力発電
 結構、風力発電の三つ羽が見えた。

○鳥海温泉

○吹浦(ふくら)・・・・:昼頃
「吹浦」・・・風の烈しさから由来したのかも知れない。
吹浦村は寂しい村だった。

○吹浦泊
『 あつみ山や 吹浦かけて 夕すずみ  』
★意味・・温海山から吹浦にかけて見える景色を
堪能しながら、夕涼みをしている。超気持ちいい。
北島康介みたい。
★松尾芭蕉には印象深い場所だったかもしれない。

「吹浦の 涼風受けて 日が西に 
      ふるさと思い 涙あふるる」箕輪初心
夕日の沈む風景は、何かぐっと寂しくなるものがある。


■6月16日=太陽暦8月1日
見事に晴。
○吹浦発

●遊佐・・・鳥海山登山口へ
 加賀の遊佐一族は上杉謙信から
 逃れてここに来たらしい。

○三崎

○「有耶無耶の関」という関所跡があったとされる。
http://www.akitafan.com/special/detail.html?special_id=149
昔、三崎山には「手長足長」という魔物が棲んでいて、沖行く
船や道行く人を取っては喰っていた。ところが、このあたりには
三本足の烏も棲んでいて、手長足長が近くにいるときは「有耶」
、いないときは「無耶」と鳴いたので、人々はこの鳴き声を頼
りに、おそるおそる三崎山を越えていたという伝説が残ってい
る。魔物も住むほどの難所なのだ。


▲三崎峠=山形と秋田の境
○三崎峠・・・(山形・秋田県境)
@2008年8月9日 A2009年8月5日





★明日は、尾浦城(大山城)&加茂ダイビング&鶴岡水族館かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心●山形【大山城】&加茂ダイビング&鶴岡水族館
★奥の細道紀行2008年7月19日〜21日の一貫として、鶴岡に 宿泊。その後、【大山城】&加茂ダイビング&鶴岡水族館、そして、 クラゲ定食のランチとなった。鶴岡のダイビングショップで支払い となった。戦国時代、尾浦城→大山城は上杉景勝や最上義光の争っ た場所である。江戸時代には松尾芭蕉は酒田の帰りに泊まった場所 である。鶴岡水族館はクラゲの世界一の水族館である。今回も松尾 芭蕉の復刻版である。   ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/17 05:36
箕輪初心●山形:東禅寺城→亀ヶ崎城=酒田城&「山居倉庫」
★奈良時代、鶴岡・酒田は出羽の中心地として発展した。酒田は 羽後の支配のため、柵が築かれた。湊も整備された。鎌倉時代、 武藤氏が入部した。東禅寺城→酒田城→亀ヶ崎城と名を変えた。  ★奥の細道紀行2008年7月21日、本間家訪問後、酒田城に 行った。酒田東高校の敷地が城だった。酒田東高校には入りづ らかったが、ちょっと散策させていただいた。土塁が残っていた。 ★松尾芭蕉は「奧の細道」で、行きに2泊、帰りに6泊している。 ★河村瑞賢の港整備により、さらに海運業の発達した。酒田港... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/18 06:46
箕輪初心◆山形:酒田【土門拳記念館】&『とびしま』&海洋センター
★鳥海山の2回目の登山の後に、酒田の「土門拳記念館」に寄った。 「土門拳記念館」は庭園や建物、そして、作品も凄かった。私は 土門拳の「古寺巡礼」の写真集を何度か図書館で見た。でも、仏 像写真だけではなかったのだ。「ヒロシマ」や「昔の農村風景」 「子ども」などテーマは複雑だ。それから酒田港の『海鮮どんや とびしま』に行った。安い・旨い・混みすぎの3拍子揃った店だ った。隣の海洋センターはそれなりに楽しめた。飛島にダイビン グに行きたいと思った。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/19 06:01
箕輪初心●山形『松山城=松嶺城』&山形の海水浴場
★平成25年(2008)7月21日は参議院議員の投票日である。 群馬の私の地区は加賀谷富士子:民社党新・山本一太(自民) ・安永陽(幸福新)・店橋世津子(共産新)が候補者である。 比例代表の選挙もある。・・・結果はどうなるのかな? ★松山城の大手門」は山形県指定文化財である。松山城の大手 門は巨大で重厚であった。 松山藩は庄内藩初代藩主:酒井忠 勝の3男:忠恒が2万石を分地され、松山藩が成立した。つまり、 松山陣屋は鶴ヶ岡城の支城として築かれたのである。松山城にな ったは、... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/21 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●山形【鶴岡城】&藤沢周平&高山樗牛 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる