城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★群馬『田島弥平宅』=世界遺産候補

<<   作成日時 : 2013/03/27 18:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

★通風を重視した蚕の飼育法「清涼育」を大成した田島弥平が、
文久3年(1863)に建てた主屋兼蚕室です。間口約25m、
奥行約9mの瓦葺き総2階建てで、初めて屋根に換気用の越屋
根が付けられました。この構造は、弥平が「清涼育」普及のた
めに著した、「養蚕新論」「続養蚕新論」によって各地に広ま
り、近代養蚕農家の原型になりました。
(★群馬県 富岡製糸場と絹産業遺産群 田島弥平宅)
画像






【1】田島弥平宅
 ★伊勢崎市境町は島村は利根川をはさんだ対岸の飛び地で、
 約埼玉県深谷市って感じである。


●アクセス
 群馬県側から行くと群馬県旧尾島の埼玉県深田市を結ぶ上武大橋
 を渡ってすぐの所(セブンイレブン手前)の一つ目の信号を右に
 曲がって、4km程行った所にある。途中、深谷市から伊勢崎市
 に変わる。左折すると島村協会150mという小さな看板もあるが、
 変形十字路で、「止まれ」の表示が出てくる。田島弥平宅は、この
 十字路の南東200mの奥まった所にある。十字路を左折し、2軒
 目の雑貨屋さんの手前を左折する。正面に電気屋さんがある。
 そこを左折する。右に集会所がある。左2軒目が田島弥平宅であ
 る。反対側は畑である。道が狭いので、集会所に駐めるとよい。
 ※深谷市の方から行く時は、上武大橋の手前を左折する。
画像






■訪問日・・・平成25年(2013)3月10日

@門
画像


A田島弥平宅の前の看板
画像

 境町指定重要文化財「養蚕新論版木」の碑
「弥平は、優良蚕種の製造と蚕種業者団結のため、田島武平らと
 島村勧業会社を設立し、明治12(1879)年には、ヨーロッパ
 へ蚕種販売を試み、蚕種だけでなく文化面でも島村に多くの
 恩恵をもたらした。」

B庭へ・・・★不審者になっちゃった。御免なさい。
画像


C隣の家の垣根越しから
画像



【2】群馬絹の里(高崎市旧群馬町金古)の田島弥平コーナー
画像

画像

画像

画像




【3】田島弥平の年譜 《文政5年(1822)〜明治31年(1898)》
・文政5年(1822) 生まれ。

・弘化元年(1884) 父と奥羽で養蚕法を学ぶ。 
 
  家業をついで養蚕と蚕種を研究

・安政3年(1856)〜 実験的な瓦葺2階建て櫓付き蚕室
(香月楼)を建て、改良に努める。

・文久3年(1879) 母屋を上棟した。
 ※現存の建物。

・明治4年 宮中の御養蚕(現紅葉山御養蚕所)が建設。
近所の渋沢栄一は大蔵省勤務だったが、宮中の養蚕相談役に
選ばれた。多忙だったので、親戚の田島武平を推薦した。
  

・明治5年(1872) 
  田島弥平&娘:たみ・田島武平は世話役として宮中にあがり、
  宮中御養蚕の世話をした。
  (★『宮中御養蚕史』)
 青山御所の養蚕教師となった。

島村付近が養蚕が盛んになっていった。
渋沢栄一の指導で田島弥平・田島武平らと島村勧業会社を設立。
  
渋沢栄一の従兄弟:尾高惇忠(じゅんちゅう)は富岡製糸場の
初代場長にになった。
明治政府&富岡製糸場&島村勧業会社が上手く機能していった。
画像

 (★パンフレットより)  

  清涼育法を理論づけた実践書「養蚕新論」を著した。出版。
         清涼育の普及・指導につとめた。

  蚕児の飼育蚕室の改築した。
  原種の貯蔵桑樹の栽培等に改良を加えた。
     
※この頃から、全国から田島弥平宅に伝習者が訪問し始めた。

・明治6年(1873)
  

・明治12年(1879) ヨーロッパへの蚕種販売を試みた。
  島村勧業会社・・・田島弥平・田島信・田島武平は
  5万枚にの蚕種を持って、第1回直輸出を行った。
画像

 (★パンフレットより)
アメリカ→フランス→イタリアに渡航して蚕業上の実況を
視察した。イタリアのミラノで約3万枚を販売した。
  渋沢栄一らの協力で蚕種の輸出を成功したのだ。
  ヨーロッパで書いた絵
画像

 (★田島弥平宅のポスターより)


・明治13年(1880) 第2回直輸出
香港→(アジア)→スエズ運河→イタリア・・・
約3万5千枚を販売した
  
第3回直輸出 ・・・第4回直輸出
  
 顕微鏡7台を購入した。 

  蚕種だけでなく文化面でも島村に多くの恩恵をもたらした。
(★現地看板)
島村協会もその一つである。
『続養蚕新論』を出版。


・明治15年(1882) 直輸出を停止する。
島村勧業会社を解散。

佐波郡島村の大総代。

・明治25年(1892)10月 賞勲局より緑綬褒章を受章。

 

・明治31年(1896)2月死去。76歳。




【3】最近の動向
★『群馬県蚕糸業史』昭和33年 群馬県蚕糸業協会発行
画像


★平成時代
富岡製糸場及び絹関連遺産群に指定

◆◆ 箕輪初心◆富岡製糸場 ◆◆
6−1 箕輪初心◆世界遺産への疑問 
http://53922401.at.webry.info/201209/article_24.html

6−2 箕輪初心◆5回目の訪問
http://53922401.at.webry.info/201209/article_25.html

6−3 箕輪初心◆富岡製糸場の展示内容
http://53922401.at.webry.info/201209/article_26.html

6−4 箕輪初心◆扇風機の歴史&群馬県養蚕スポット
http://53922401.at.webry.info/201209/article_27.html


6−5 箕輪初心◆上毛かるた&群馬の養蚕の歴史
http://53922401.at.webry.info/201209/article_28.html


6−6 箕輪初心◆日本絹の里
http://53922401.at.webry.info/201210/article_2.html

◆◆ 箕輪初心◆富岡製糸場&世界遺産候補 ◆◆
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201010/article_7.html


画像

画像

画像




★平成25年(2013) 3月 田島弥平のパンフレット作成
伊勢崎市8万部発行・・・上毛新聞掲載3月15日
画像

画像

画像




里見哲夫先生からお手紙をいただきました。
 恐縮しております。

 明日からは、自分への褒美として、京都・大阪・兵庫・
 和歌山辺りに行ってきます。城廻りがメインです。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★群馬『田島弥平宅』=世界遺産候補 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる