城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆ネパールA【ポタラからの2泊3日トレッキング】

<<   作成日時 : 2012/07/13 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★私の登った最高峰はキリマンジェロ山5986m。・・現在、
深田百名山は86かな? 6000m以下はトレッキングだ。
はっきり言って、6000mを境に素人と登山家の境がある
ように思える。6000m〜8000mの山々は死を覚悟で登る
よりを遠くから眺めるだけでいい。でも、今回の旅行でも
富士山3776mを越える高い山を登っておきたかったなとと
後悔が残ったトレッキングだったのだ。コース失敗だ。
画像

 (★アンナプルナのマチャプチュレの絵はがき)

【3日目】 平成12月27日(日)                       
07:10 《カトマンズ》                         
     @現王宮                                                  
    Aボダナ−ト     
B パシュパティナ−ト寺院                                                 

12:50 ブッダエアー(97年10月就航)                   
画像
                 
   機長1、副操縦士1、スチュワ−デス1   
    客席17・・・内日本人10                           
   エベレストがどれか分からないうちに離陸。                    
画像
              
画像


◆◆ ネパ−ルでの群馬県の登山家 ◆◆                  
ネパ−ルでの群馬県人関係の登山家もちょっといる。
井○氏友達の山田拓氏の叔父:山田昇氏
画像


田部井淳子さんの山仲間。現在、陶芸仲間の柳沢さん
    8000m3座&7000m13座を登頂。    

かつてのハイキング仲間:奥原氏
   35年前以上前の群馬のネパール登山メンバー。


◆◆ 平成24年7月1日の登山家集合 ◆◆
@竹内洋岳氏・・14座制覇。「おめでとう。」
  NHK総合「おはよう日本」に出演。
  竹内洋岳を知ったのは山田昇甥の拓氏からだ。
画像

  (★NHKのTVより)

A栗橋史多氏
  日本TVでダウダギリ登頂を紹介。
http://kurikiyama.jp/


B野口健氏
  登山の同時動画報告・富士登山清掃が有名。
http://www.noguchi-ken.com/



13:30【ポカラ】着                                  
   万能ナイフを盗まれた。
    スイスのツエルマットでアルペンホルン25万円の
    楽器を買って、もらった8000円のナイフ。
    
      
・客引きが3〜40人位いた。                   
  「土曜日は3時まで、登山許可証を発行してるって。」                   
  ・結局、「イミグレ−ションを早く取れる。」
と言っていた旅行社の車に乗った。                                            

14:10 ・ペワ湖近くのHoriznホテル兼ツ−リスト
         
▲ダンプスからの2泊3日165$で契約済 
(トレッキング許可証・食事・ロッジ・シュラフ・ガイド)                 
 昼飯だけサ−ビスさせた。             
画像
                                                                                            

15:30 昼食【ホライズン・H4階】 
{ネパ−ル料理・茶 }
    ★ おいしかった。              

16:00マチャプチュレ山が見える。
    ★ナイスビュー。                        
画像
         

16:00 ガイド   D・B・Thaha                                                


16:25 ポカラ(標高915m)出発                  
     リュックの中身  10s近いな?          
    ・スキ−パンツ・シャンバー                            
    ・洗面セット  ズボン下            
・Tシャツの替え 手袋3組
   ・本 ・ポカリスエット2 
    シュラフ    

16:55 フェディ(標高1000m)の広場              
     ・子供の杖売り「20R・・・・ 」                
画像
                  

17:00 フェディ(標高1100m)                             
   ・いきなり、 石段の急登。                             
             
   ・標高が高くなる。
   山の斜面の段々田圃・段々畑が見える。
   ★バリ島で見た段々田圃よりすごい。                             
    
  ダンプス下村                                  
  ・林の中の急登を登り終えると、急に視界が広がった。
画像

    辺りは夕闇が迫っていた。
    遠くに見えるマチャプチュレが赤く染まった。
    美しさを独り占めした感じでうれしくなった。     
    
   ・畑の中や農家の庭先を行く。 
    家の隣には牛小屋があった。             
    藁葺きの屋根と牛小屋。
    牛、鶏、山羊                     
    日本の田舎の30年前だな。
   ★これからもこの状態が続くのだろう。                                 
  
   ・ガイドが懐中電灯を貸してくれた。 
   
   ・上の方に灯りが見え、元気が出てきた。                       

18:15 ダンプス(標高 1799m)                             
標高差約800mを1時間20分で歩行、
    疲れるわけだ。
              
   ・ガイド「このロッジに泊まる。」。
俺は「ダウラギリがいい。」とごねた。
   ★ガイド料10$位だから、リベートめあてかな?  
                           

18:30 5号室:3つのベッド、毛布はない。
床のすきまから、ヨ−ロッパ人が見える。          
     テレビがあったのには、おどろいた。                            

18:40夕食{ビ−ル1、ロキシ−1、ネパ−ル料理}                   
    ご飯は40分経っても来なかった。                     
   
    ・星の観察・・・・3000個位の感じ。               

21:00 5号室で  
     スキ−パンツ・シュラフに包まれ、就寝。 ZUZUzuzu    



【4日目】平成10年12月28日(月)                 
06:00 ・起床 トタンで仕切られた恐いトイレに行った。      
    
     ★利口な犬が夜通し番犬をしていてくれたらしい。          
                                        
06:15 《ダンプス村散策》                    
   ・犬と一緒のお散歩だ。
近所の庭先で「ナマステ。」と声かけた。       
    ・村の尾根の東展望台で寒さに震えながら
日の出を待つ。
     山際は明るくなってきた。
     次第にうっすらとマチャプチュレが雄姿を見せ始めた。                         
画像


07:20 朝食  コ−ヒ−・ミルクティ−・オムレツ                 
    ポリッジ(すりつぶしたご飯に砂糖を混ぜ、牛乳をかけた物)     
    ティプテンブレッド(油をぬって焼いたパン)            
画像
       
・横になっている犬の上に乗った鶏が「コケコッコ−」 
★面白い光景だ     
   ・犬が横にすわっている。お行儀が非常にいい。               


08:20 出発 「レッツゴオ−。」  計画の1時間20分遅れ                   
   ・4組の日本人パ−ティとすれちがった。           

08:40  ダンプスのチェックポイント        
役人「ガイドはグッドマン。よかったね。」・・・・          
   ・ダウラギリという6角形のロッジ。やっぱ、こっちがよかったね。     
   ・「さくら」というロッジ。          
   ・牛用の大きな池                       

08:50 ポリスのチェックは粗末な屋根だけのもの。
    牛の向こうにマチャプチュレが見える      

09:25 展望台                 
     Tシャツの背中に「bPガイド D・B・Thaha」           
    ・親は木を切り、子供は薪集め。                    

10:00 ポタナ村7〜8軒のロッジ                  


10:10 ずっと続いている石段は、緑泥片岩でできている。
  雲母もすごい。        「
粘土は、家の壁に使うのか?」「壁、かまどなど。」      
   「動物は?」「モンキ−・ジャガ−・トラ・ひょう・・・・」          
   
 ・シェルパ族の重いお荷物をしょった人々にたくさん会う。           
   
  ・2000mなると、木が違ってくる。かし類・くすのき類だ。             

10:55 ビチュク・デオラリ村(標高2149m)上2軒のロッジ    
   今回の計画では、一番標高が高い2000m         
   tea time。          
  ・世界7位のダウラギリ8181mでが見える唯一の場所だ。                                                                      

11:15 「おにしもつけ」のような植物の刺がささった。
    親指の付根4・小指2・胸4次第にはれてきた。

画像
     
    ガイドは、メディスンプラントを捜してくれた。
    「ティテイパティ」:「よもぎ」のような植物で
    においがきつい。ガイドがすりつぶしてつけた。
 
   ・10分後には、腫れがひけ、痛くなくなった。                               
   
  ・石は、蛇紋岩(尾瀬至仏山・谷川岳・早池峰山
      ・白馬朝日岳など)になり、滑り易かった。     
                                             
11:40 ビュチク村(Bhichuk)下村                  
   ・薪作りの家。大根・葱・菜・・・・・・                
   
   ・吊り橋・・・・・・小さな川                   
   ・やまどりぜんまいは葉が狭く日本の植物と少し違う    
    わらびは葉が広く食用だそうだ。                   
   ・花が7種類咲いている。                          

12:30 トルカ上村  
  tea time。
織物をしている老婆がいた。
画像
      
 ・酒の材料・・・・小豆色の小粒。★「ひえ」だと思う。         
                              
13:15 トルカ下村                              
   昼食【   】
{ファンタレモン、春巻(スプリングロ-ル)、ピザ)
★春巻。いけるな。                 
画像
       
・小春日和といった穏やかな日差しに、喜びを感じた。        

14:30 中ちゃん「俺、1年くらい、ここにいてもいいな。」   
  ・円い家がオ−ルドタイプだ。                  
  ・標高2000mでは、雪は降らない。
・「P」・・・・「おしっこ」
・「まんでぃる」=寺

15:05 小麦畑・大麦畑 
   ・水力粉挽き機。                          
   ・子供が「写真を撮ってくれ。」とうるさい。
    
                        
15:10 ランドルン(標高1646m) 
  大きな村でロッジも多い。    
  ・小学校・・・悪いことしている子が鞭で叩かれていた。    
   *就学率42%だが、卒業しない子も多い。      
   *識字率27、5%(男40%・女14%)                    
画像


17:45 「カ−スト制度はあるのか?」   「ある。」             
   「4つのグレ−ド・レベルか?」  「そうだ。」          
    「この村の人は農業みたいだが?」 
    「平民、2番目のレベルだ。」       
    「一番したのレベルはどういう人?」
    「刺繍をする人、革細工する人、鉄」                                            
   
    「ガンドルンはあの村か?」  「はい。」                   
    ★プ−ンヒルの方がもっとよかったね。     
            

15:40 モディ川(標高1300m)                      
   キュ−ミ・ガンドルン(下村)             
      tea time。
   ・子供が網持って、小さな池をすくっている。    
 
16:05 キュ−ミ・ガンドルン 
  「お茶は東部のイラムでできる。
     メ−カ−はC・T・CとMUNAがいい。」    
  
  ・粉ひき場を過ぎ、急登を進む。                  
     
                                             
16:15 チャンドラコットとの分岐   
   「もう、ここに泊まろうよ。」          
画像


16:50 2つの村の中間地点標示                            
   ・羊の群れ  のどかな風景                            
   ・石切・・・・2人組.たがねを竹の先に付けて持つ人
      /大かなづちでたたく人     
   ★厚さ2pの石の板は、きっと屋根になるのだろう。             

17:00 最後の店  いちじくがなっていた。                
   tea timeでござる。「茶」を飲んだ。                 

辺りはすっかり暗くなっていた。                
    
   ナヤプルとの分岐                                

17:55 ガンドルン(標高 1951m)                       
    「やっと、着いた。」
    約800m下って、600m上がった。
   約7時間の歩行。 
   
   ・ガイド「このロッジに泊まる。」という。
    「また、勝手に決めるの。」                      

18:00 ロッジ「さくら」  
  ・2階6号室:3つのベッド。毛布はなし。
      食堂の真上で景色もよさそ−だ。        
   ・中ちゃんがバスル−ムを開けようとすると、
「ギャ−」と悲鳴。水シャワ−だった。
★今日も修験者だ。    
      2人とも、タオルを忘れてTシャツで拭いた。
      ああ寒い。これがネパ-ルだ。                           

18:40 夕食 {ビ−ル1、ロキシ−1}   
    ロキシ−       
  {スパゲッティ・チョウメン(焼きそば)・マカロニ・春巻÷2}          
  ・泊まり客は3組で、8人だった。                       
  ・白人は、ガイドやポ−タ−とは、いっしょに食事は
   しないらしい。        

21:00 6号室で                                   
   下の食堂からギタ−伴奏で歌が聞こえてくる。 
   うるせえ。
   就寝 ZUZUzuzu・・・・     



【5日目】 平成10年12月29日(火)
トレッキングの3か目           
06:00 起床  
    トイレ・・・水を汲んで流すのには慣れた。         

06:15 《ガンドルン村散策》                     
近所の人に「ナマステ。」と声かけながら、博物館の
前を通り過ぎ、進む。
  景色のいい所を探して、写真だ。村のはずれで、震え
ながらシャッタ−チャンスを待つ。         
  マチャプチュレの魚の尾がくっきりと、見えている。
画像

でも、3枚とったら、なくなってしまった。
  俺って、なんてドジなんだ
  フィルムを取りに走って戻った。                     
 ・茶色くそまったマチャプチュレと
マチャプチュレサウスが、男らしい。       
  付いてきた犬をバックにしようするが、うまくいかない。
画像
             
   ・アメリカ人にいい景色の所を教えた。               
    
  ・ロッジ前  ロバの集団                        

07:20 朝食   ミルクティ−・オムレツ                       
    ポリッジ(すりつぶしたご飯に砂糖と牛乳)    
    ティプテンブレッド(油をぬって焼いたパン)             
   ★最高においしい。  
画像
 
     
ガンドルンのチェックポイント          
                                        
08:30 出発「ウィ シャル ゴォ−。」 
馬で下ってる人がいる。                            
画像


09:20キムチェ村                                
   子供たち「金くれ。ペンくれ。」とひつこく言ってくる。      
   ・ロパ・・・・ドンキ−とすれ違う。          
  ・たけのこは、日本と同じように食べるそうだ。                 
  ・クレソン:オランダガラシだ。
★帰化植物に支配されたな。尾瀬と同じだな。      
  ・2度、同じロッジのデンマ−ク人と話した。                   
  ・「国際青少年交流会」という日本人の団体が、荷物を
運んでもらってた。全日空ツアーだ。     
   
  ・急な下り坂を降りきった。
   バナナやオレンジがなっている。             

10:00 シャウリガザ−ル村  10数軒のロッジ  
tea timeでござる。「コ−ラ」。    
   ・歯を研いて、顔を洗った。
    ★きたねえ。排水も流れこんでる?。       
   ・川の中の粉ひき装置                         
                                        
10:45 モディ川   
・鳥・・・ 頭が赤、体は紫、腹はオレンジの鳥。
「るりかけす」?    
    ・とんぼ・・・アキアカネ 日本と同じ。
       赤とんぼ・・・・少し大きく、背中が白っぽい。     
   ・シオカラトンボ・・・・背中が白っぽい。        
   ・バッタ     羽を広げると、青い                
   ・いなご・・・・・・・ネパ−ル人、食わないって。      
   ・魚       2〜3pの幼魚                  
   ・蛙       おたまじゃくし                  
   ・蟹    上流に多い。ネパ−ル人、食うって。        


11:40 100m位の滝                                 
   ・ネパ−ルの国の木の花が落ちていた。
      つぼみも花も、まるで「椿」のようだった。                 
   ・歯磨きの木・・・・ネパ−ル人はこの緑の肌の木で
         みがいてたんだ。          
     中国では、1000前の宗の時代に、お坊さんが豚の
     毛でブラシを作って、歯磨きしたそうだが、
    ・日本だって、塩をつけて指で研いたよ。      
                                              
   ・時々、聞こえるチベッタンフル−トの調べ・・・・    
                 

12:10 ビレタンティ村                           
   ・モスリムの神の自然石  
     「中ちゃん、おしっこ禁止。神の御前ぞな。」       
   
   ・モディ川の大きな橋              
   ・ビレタンティのチェックポイント  イミグレ−ション                 

12:30 昼食【      】
   {ビ−ル3、かきピ−、えびせん、ロスティ(野菜のお好焼き)}      
    ★結構、おいしい。                             
    ・川の辺で、川の流れを見ながら、・・・・・・      
    ・半袖・半ズボンでも、暖かく感じる小春日だ。
    ★トレッキング成功の余韻に浸った。     
   
    ・川魚「あさら」
     ★おししい部類に入るなあ。        
画像
                               
   
    ・マチャプチュレ魚の尾の見納めだ。                                

14:10 ナヤプル村                                 

14:15 車            
                                       
15:15 ポカラ:Horizn・H兼ツ−リスト 
   ガイドはまだ帰ろうとしない。
   10$、チップを渡した。
   ★トレッキング終了                                



★明日は、ロイヤル・チトワン国立公園だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆ネパールA【ポタラからの2泊3日トレッキング】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる