城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▼インドネシア:世界遺産の海コモドA『サザンスター号』

<<   作成日時 : 2012/06/23 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★インドネシア:コモド島ダイブクルーズ『サザンスター号』
の後半を紹介しようと思う。
◆◆ 箕輪初心▼世界遺産の海コモド@『サザンスター号』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201206/article_22.html
ダイブH「コモド島南のカーニバルロック@」・・・ 
 ×バックエントリーでマスクがはずれ、なおしている
  間に3〜4m潜ってしまい、耳抜きしなかったら
  痛くなった。すぐに巨大なナポレオンがいた。
 土屋氏が撮ってくださった私のダイビング風景。
画像

 赤いシューアップル
画像

 白・黄色の小型ナマコ
画像

画像

 ・苺ぼや 
画像

 ウツボのクリーニング(共生)  
画像


 クダゴンベも2疋。
画像

 魚影が濃かった。魚の群れが凄い。
画像

 カスミアジ・ロウニンアジなど。
 ヨスジフエダイ。
 

夕食


12/26(水)5日目
Cサザンスター・クルーズ船

▼ダイブI「コモド島南のカーニバルロックA」・・・クダゴンベねらい
 またまたクダゴンベ。かわいいね。
画像

 オオモンカエルアンコウはいなかった。
 キノコカイメンがあったよ。


▼ダイブJ「リンチャ島南のバナナアイランド」・・・・・・・
 ソフトコーラルのガーデンで、パチパチと開く花びらの
 ようなサンゴが一面。
画像

画像



昼食・・・


リンカ島(リンチャ)南からコモド島北への大移動3時間
 ・海峡の回りは褶曲や断層の岩が地肌を見せている。
  造山活動の様子を物語っている。
画像

 ・特製の50個限定のコモドサザンスター教のドラゴン
  ダイビング像は一体85ドル・・・思案中。


ダイブK「コモド島の北のビリ島・ロア島の水路」
  インディジョーンズ「魔宮の伝説?」
  激流に飛び込み、すぐ10mの海底にへばりつく。
  ゆっくり深場に行くと、3m先にロウニンアジの群れ。
  流れが強いので、ローニンアジも動かない。動いている
  のは俺たちだ。壁登り・壁越えが始まる。ドキドキ・・
  胸の鼓動が高鳴ってきた。ゆっくり、つかまりながら
  浮上する。そして、のり越える瞬間に大きな激流。
  何故かインディジョーンズの曲が浮かんできた。
  「タッタタター・・・タッタタアーーー・・・・」
  と歌いながら、・・・・進む。
  5m差の壁を越える。すると、前に2人はいる。
  俺はぶつからないように必死でキックした。
  そして、4mほど下がった。
  ちょっと力を緩めると、流される。後ろのプロを待った。
  前の方から乗り越えてきた。
  5人揃うと、激流ドリフト。気持ちいいほどのスピード。
  ヒューーーー。メロディを口ずさむ。
  左に行くはずがみんなして、真ん中に流されているみたい。
  やがて、5m程の深さになり、流れがゆっくりになってきた。
  2mのエイ「でっけえーーー。」・・・・
  別の世界に入り込んでいく。浮上していく。
  「あれえ。船は遙か遠くに・・・右に流された。

画像
 

夕食・・・今日は唐沢さんが出してくれた日本酒を飲んだ。

ビデオ鑑賞会・・・コモドの海はすごい。

12/27(木)6日目
Dサザンスター・クルーズ船
ダイブL「コモド島のバトウボロン(穴の空いた岩)」・・・
 目の離せない海のドラマ
 ネムリブカ
画像

 ローニンアジ
画像

 コケギンポ
画像

 タイマイ
画像


▼ダイブM「コモド島のバトウボロン(穴の空いた岩)」・・・
 最後のリラックス
 カスミアジ
画像

 
画像


◆土屋氏の画像
画像

画像


3度目のダイブクルーズ・・・
 ダイビングのことだけを考え楽しめるのがいい。
 コモドの海や空、陸のことで盛り上がれるなんて、
 素晴らしいことであろう。
 長期で潜りに行くなら、ぜひまたダイブクルーズがいいな。
 コモドの海に潜ったことがある日本人は、まだ200〜300名
 くらいしかいないそうである。
 人の手が入っていないという印象も強く、いつまでも美しい
 海であって欲しいと願うばかりである。


11月中旬・・・・・インターネット・本・TV
@サンテクノ企画(旅行会社)のコモドのHP・・・
  
AWツアープランナーズのHP・・・・・・・・・・
  陸上環境・水中環境の説明が詳しい。
 
B唐沢氏のコメント・・・・参考にしながら、再構成

C福岡県のバリバリのリゾートダイバー
 「まさ☆さん」のHP・・・・・9月の連休を利用して
 初のコモドダイブクルーズへ

Dたかしゃんと潜る世界のリゾート/PART 15 
  コモドうでしょう?のHP・・・・じんべえザメが出現。

E木村さんのブログ・・・・帰国後やっと見つけた。
  私のことは、全く掲載されていないので、がっくり。

FMarin JackのHP・・・・・・コモドダイビング  
  染谷弘美インストラクターと行く8日間

G地球の歩き方・・・・・・コモド島 & リンチャ島 

◆◆ インドネシアのダイビング情報  ◆◆
1)バリ島・・・・たくさんショップがある。町中でも、
   旅行会社が多い。ホテルで連絡してもらうと、楽です。
   9年前は、クタビーチに付近に多かった。
   でも、日本人スタッフはいなかった。
  今は、日本人スタッフのいるショップは6以上。
   @Ena Dive Centre 0361-288-829・・
    9年前に頼んだショップ。
    でも、日本人スタッフはいなかった。

◆◆ 箕輪初心▼バリ島ダイビング ◆◆
 http://53922401.at.webry.info/201206/article_21.html
   
   AMega Dive 0361-754-165
   BYellow Scuba 0361-741-6767
   CBali Inter Dive 0361-758-132
   DVer(ウェール) 0361-720-798 大阪06-6450-0280
   Eチャンデイダサにも日本人スタッフのいるショップがある。
   ・2年前偶然、話しかけた人がスタッフだった。

2)ロンボク島・・・・スンギギにダイブショップが数軒  
   Bagus Diver 0370-693-048 日本語
           ギリ島に数軒

3)フローレス島からコモド島ツアー・・・・・・・
  ショップはラブアンバジョに2軒
  @コモドダイブクルーズ「サザンスター号」に
   唐沢氏・木村さん。・・・・
    Weワールドツアープランナーズ・アセントツアー

  Aコモドからのツアー・・マリンジャックがインストラクター
    染野さんのツアーを企画
  B海賊船のような船のチャーター船・・日本人はまずいない。
  C「コモドダンサー」など、欧米人の多いクルーズ船もある。

4)西PNGラブアンハット・・・・
  Weワールドツアープランナーズのみか?
  日本人の船「オデッシー1号」・・・中止。

5)スエラシ島・・・・シンガポール経夕が最適。
 @メナド・・・キマジョ(日本人スタッフ)など多数
    オデッシー(日本人の船・スタッフ)・・・・
    Weワールドツアープランナーズ・クラブアズール

 Aブナケン島・・・メナドから10分→船
画像

画像

 Bレンベ島・・・・・・メナドから車で1時間→船
画像

 (★バンガイガオディナルフィッシュ固有種)
◆◆ 箕輪初心▼メナドダイビング@ ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201101/article_5.html

◆◆ 箕輪初心▼メナドダイビングA ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201101/article_6.html 

◆◆ 箕輪初心▼レンベダイビング@ ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201101/article_7.html
 Cワレアバヒ島・・・メナドから飛行機で1時間
 Dカサワリ・・・・・最新、リゾート(★Weのみの扱い)

6)カリマンタン(ボルネオ)島
画像

 (★ジェリーフィシュ)
  デラワン・サンガラキ・・・・
   日本人スタッフがいなくなったらしい。
画像

  @コタキナバル経夕・・・ジスコ旅行社
Aセレベス海クルーズ・・・。
◆◆ 箕輪初心▼セレベス海ダイビング@ ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_28.html

7)シャワ島・・・ジャカルタにショップ

8)スマトラ島・・・マレーシアから船で渡った友だちが
   「ショップがあった。」と言っていた。 



★明日はコモドドラゴンとご対面。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▼インドネシア:世界遺産の海コモドA『サザンスター号』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる