城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★織田信長F安土城から天下取り開始

<<   作成日時 : 2012/06/11 06:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

天正期・・・織田信長は兵力と財力を蓄えていった。
織田信長は家臣に大所領を与え、周辺の攻略に当たらせた。
尾張の兵を弓衆・鉄砲衆・馬廻衆・小姓衆・小身衆など機動性を
持った直属の軍団に編成した。

天正4年(1576)43歳。
1月 織田信長は、安土城の築城を開始。
    天下統一の拠点として7重の大天守閣を持つ安土城の
    造築を開始した。
画像

画像

画像

画像

 2月 織田信長は安土に移った。
    直属の家臣を安土に結集させた。
織田信長は直属の宿老衆や先手衆と新編成軍との連携を訓練した。

上杉景勝対策・・・柴田勝家・前田利家・佐々成政
画像

  (★前田利家屋敷伝)
武田勝頼対策・・・滝川一益・織田信忠
波多野秀治対策・・明智光秀・細川藤孝
毛利輝元対策・・・・羽柴秀吉
画像

  (★羽柴秀吉屋敷伝)
石山本願寺対策・・佐久間信盛
四国対策・・・・・・・・織田信孝・津田信澄・丹羽長秀・蜂屋頼隆
美濃・尾張の抑え・織田信忠
飛騨の抑え・・・・・・斎藤利治・姉小路頼綱
伊勢・伊賀の抑え・織田信雄・織田信包
紀伊の抑え・・・・・・織田信張
東海道の抑え・・・・徳川家康(織田と清洲同盟)

越後の上杉輝虎(上杉謙信)と織田信長との関係は悪化した。
 上杉輝虎が石山本願寺と和睦し織田信長との対立を表明した。
 上杉謙信・毛利輝元・石山本願寺・波多野秀治・紀州雑賀衆
 などが反織田信長に対抗した。


1月 丹波の波多野秀治が反乱。
    石山本願寺も再挙兵。
    再び、反織田信長の動きが強まり始める。

4月 本願寺攻撃
  ●天王寺砦の戦い
  織田信長は明智光秀・荒木村重・塙直政30000
  の軍勢を大坂に派遣。
  結果・・・塙直政を始め1,000人以上が戦死。
  本願寺軍の攻勢
  織田軍は天王寺砦に籠城
  本願寺軍は天王寺砦を包囲→織田軍は窮地に陥った。
5月5日 織田信長は若江城に入城。3000人。
5月7日 織田信長は本願寺軍15000に攻撃。
      織田信長が銃撃され負傷。
      織田信長軍&明智光秀の天王寺砦軍7000
      との連携に成功。
     本願寺軍をはざみうちにし、撃破した。

   織田軍は石山本願寺を水陸から包囲し兵糧攻めにした。

7月13日 毛利水軍が石山本願寺の援軍
第一次木津川口の戦い
  織田水軍300
VS
 毛利水軍(主力は村上水軍)800隻
結果・・・織田水軍は敗
      毛利水軍は石山本願寺に兵糧・弾薬を運んだ。

11月13日 織田信長が正三位に昇進。
11月21日 織田信長が内大臣に昇進。右近衛大将兼任。


天正5年(1577)44歳。
2月
紀州攻撃
   織田信長は雑賀衆を討伐するために大軍を率いて出陣
   毛利水軍の援助や上杉謙信軍の能登国侵攻
3月 雑賀衆の頭領:鈴木孫一らを降伏&和睦
    紀伊国から撤兵。

9月23日
手取川(加賀)の戦い
   織田軍の柴田勝家が手取川を越えて焼き討ち。
織田軍30000
VS
上杉軍8000
織田軍の柴田勝家が大敗。
上杉謙信が越後春日山城に帰った。

10月  
 ●信貴山城の戦い
  大和の松永久秀が挙兵
  織田信長は織田信忠を信貴山城に出陣。
  松永を討ち取った。

10月 丹波亀山城の内藤定政が病死。
 ●丹波の亀山城・籾井城・笹山城などを攻略。
   お犬の方を丹波守護:細川昭元の正室にし丹波を掌握。

11月 
 ●上杉謙信軍が加賀南部へ侵攻。   
  結果・・・加賀南部は上杉謙信の領国となった。
   北陸では上杉謙信が優位に立った。

11月20日 織田信長が従二位・右大臣に昇進。


天正6年(1578)45歳。
 1月 正二位に昇進。

 3月13日 上杉謙信が急死。
画像

  御館の乱・・・後継ぎ争いが勃発。
     上杉景勝(姉&長尾政景の子)
     上杉景虎(北条氏康の子)。
画像

 (★春日山城本郭) 
  
 織田信長は斎藤利治を総大将に飛騨から越中に侵攻
画像

 (★飛騨高山城) 
 ●月岡野の戦い
  織田軍は上杉軍に勝利し優位に立った。

 ●柴田勝家軍
   上杉領の能登・加賀→越中に侵攻。

  信長包囲網は崩壊した。

 3月
  播磨の別所長治の謀反が勃発
三木合戦 
 
 4月 織田信長は右大臣・右近衛大将を辞職。
※覇業に朝廷はいらないと考えたからである。
 
7月 毛利軍が上月城を攻略。
  ●上月城の戦い
  織田信長の命により山中幸盛ら尼子氏再興軍は処刑。

9月 ●第一次天正伊賀の乱
織田信雄が勝手に進軍。
 結果・・・山岳戦で迎え撃った伊賀勢に大半の部下を失った。
  京にいて知らなかった父信長は
 「言語道断曲事の次第に候」と激怒した(★信長公記)。
画像


10月  摂津の荒木村重が有岡城に籠って反乱
  ●有岡城の戦い
織田信長
荒木村重10000
  足利義昭・毛利氏・本願寺と手を結んで織田信長に抵抗。
  荒木村重の与力:中川清秀・高山右近織田信長についた。

11月6日 織田信長は伊勢水軍:九鬼嘉隆の考案した鉄甲船
     6隻を建造。
     滝川一益も1隻建造。
   水主は讃岐の塩飽水軍であったらしい。
 ●第二次木津川口の戦い
  毛利水軍(今治の村上水軍が主力)を撃破。
  結果→石山本願寺と荒木村重は孤立。
     織田軍は優位になった。

天正7年(1579)46歳
8月 波多野秀治が降伏→処刑。
9月 荒木村重が逃亡。有岡城は落城。
   荒木一族数百人を処刑。

10月 備前の宇喜多直家が織田信長の服属。
    播磨は織田軍が優劣になった。

11月 織田信長は織田家の京屋敷・二条新御所を、
   誠仁親王に献上。

 織田信長は徳川家康の嫡男:松平信康に切腹を命じた(伝)。

天正7年(1579) に五層七重の天守が完成。
 安土城の工事は続いていた。
画像
  
  安土城天主信長の館(安土城復元天主)
  滋賀県近江八幡市安土町

 イエズス会の宣教師:ルイス・フロイスは
 「その構造と堅固さ、財宝と華麗さにおいて、それらはヨーロッ
  パの最も壮大な城に比肩しうるものである。」
 と母国に手紙を送っている。
   織田信長は岐阜城を嫡男:信忠に譲り、
   自分は完成した安土城に移り住んだ。
   織田信長は安土城を拠点に天下統一を進めることとなる。

 ※織田信長にとっての最大の敵は石山本願寺だった。石山
本願寺と戦いは1570年〜1580年まで10年間も続いた。
織田信長は、一向一揆を徹底的に弾圧した。

  @伊勢長島の一揆・・・・・・2万人
  A越前の一向一揆を攻撃・・・4万人。
  B石山本願寺・・木津川河口の戦鉄板装甲の巨大軍船を
     建造して毛利水軍をでくだした。

   本願寺の援軍を断って石山本願寺を制圧した
   →畿内を完全に支配した。


・天正8年(1580)47歳
1月
 ●三木城攻略(2年かかった。) 織田軍10000 VS 別所長治5000
  毛利についた別所長治が切腹。三木城を開城。

3月5日 正親町天皇勅命により、石山本願寺と織田信長が和睦。
4月   本願寺軍も織田軍も大坂から退去。
     織田軍は播磨&但馬も攻略。

閏3月29日から4月24日まで、
  羽柴秀吉
 ●播磨一向一揆の拠点の英賀城(姫路市)を攻略
 ●赤松氏の一族宇野政頼・宇野祐清父子の長水山城
    (姫路市)も攻略。

  →播磨を平定して、支配を強化した。
  
  織田信長の命によって播磨の検地を断行。
  姫路山の近くに姫路城を築城。城下町を整備した。
画像

 (★後の姫路城)
  以後、羽柴秀吉は播州姫路を拠点に毛利輝元との
  直接対決が始まった。

 5月16日
  ●有子山城の戦い 
    山名堯熙の有子山城(兵庫県豊岡市)が落城。
   但馬守護:山名祐豊が死去。
 5月21日 
出石城の戦い
   山名氏の本城:出石城(豊岡市)も落城。
   →但馬を平定。羽柴秀長には出石城があたえられた。

 5月
  ●因幡にも侵攻
6月 羽柴秀吉は宇喜多直家と連合して美作攻略を開始。
  ●祝山城の戦い
  枡形城の城主:福田盛雅の祝山城(岡山県津山市)を攻撃。
  宇喜多直家は織田方の先鋒となって山陽地方における毛利
  輝元の前線を切り崩していった。
 山陰方面では、朝来郡の竹田城(兵庫県朝来市)を前線基地
  として羽柴秀長部隊が但馬攻略が本格的に再開した
6月
  ●第一次鳥取城攻撃
画像

  鳥取西方の鹿野城(鳥取県鳥取市)を攻略。
  戦後、・・羽柴秀吉は因幡進攻計画の練り直し
画像

  (★河原城)
 8月 織田信長は本願寺攻撃の責任者:譜代の老臣:佐久間
    信盛と嫡男:佐久間信栄に折檻状を送り付け、高野山
   に追放。
   林秀貞と安藤守就も、30年も前の謀反の企てや一族が敵と
   内通したことなどを蒸し返して、追放した。


天正9年(1581)48歳
★信長は絶頂期にあった。
2月28日 京都の内裏東の馬場で大々的な京都御馬揃えを挙行。
  正親町天皇を招待している。
覇王:織田信長の軍団&織田信長の力を天下に見せ付けた。
  家臣団の構成は、
  北国方面・・・・柴田勝家
  丹波、丹後方面・・明智光秀、
  関東方面・・・・滝川一益、
  中国方面・・・・羽柴秀吉、
  対本願寺戦・・・佐久間信盛など。


3月7日 天皇は信長を左大臣に推任。
3月9日 織田信長は「正親町天皇が譲位し、誠仁親王が即位した
    際にお受けしたい。」と返答した。
   
3月24日 織田信長からの返事が届き、朝廷は満足した。

4月1日 織田信長の左大臣就任は延期となった。

3月23日 徳川家康が遠江高天神城を奪回。
      武田氏を追い詰めた。
  
 ●高野山包囲
画像

 高野山が荒木村重の残党を匿った
 高野山が足利義昭と通じた  
  など、織田信長と敵対する動きを見せる。
 高野山が使者十数人全て殺害した。
 織田信長は激怒し、織田領の高野聖数百人を逮捕。
 河内国や大和国の諸大名に命じて高野山を包囲。

   (★『信長公記』)

5月 越中の上杉氏の武将:河田長親が急死。
 ●織田軍柴田などがは越中に侵攻
  →越中の過半を支配下に置いた。
 

6月〜10月
第2次鳥取城攻撃
画像

 羽柴秀吉20000
VS
吉川経家1400
   羽柴秀吉は兵糧攻めで落城
  →因幡織田氏の領地になった。

●淡路島侵攻
 岩屋城を落城 
  →淡路が織田氏の領地になった。

 9月
第二次天正伊賀の乱
 織田信雄3~40000の軍勢が伊賀を攻撃。
伊賀国人衆9000
画像

 (★疑似天守閣)
画像

 (★織田時代の主郭)
  →伊賀が織田氏の領地となった。



★明日に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
安土城跡で観光ボランティアの副会長は私の友達です。次回訪れる機会がありましたら、よろしく!
風の善さん
2012/06/21 19:08
遠くに友達がいらしゃるのですね。安土城は凄い城です。
来年、群馬県立歴史博物館友の会の旅行の可能性がありますので、チャンスがあるかもしれません。
ご連絡、ありがとうございます。
風の善さんへ
2012/06/22 05:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★織田信長F安土城から天下取り開始 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる