城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心■群馬【下仁田町の特産品&山&名所・観光地】

<<   作成日時 : 2012/04/20 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

下仁田町で知っていることを紹介しようと思う。
上毛カルタに「ねぎとこんにゃく 下仁田名産」とある。
下仁田町は山が85%あり、米の収穫に向かない土地
であるが、先人が日本一高級な鍋用のネギ&コンニャクを
収穫できるようにした町である。妙義荒船佐久高原国定公
園に属し、奇岩で知られる妙義山や荒船山がある。物見山
東斜面には、神津牧場がある。歴史的には、姫街道や下
仁田戦争や荒船風穴が有名である。

画像

 (★荒船風穴・・・世界遺産候補)



【0】 箕輪初心●下仁田の城一覧
http://53922401.at.webry.info/201204/article_19.html

【1】特産品・・「ねぎとこんにゃく下仁田名産」
@下仁田ネギ=「殿様ねぎ」・・★太ネギで鍋物最高。

A下仁田こんにゃく・・・

B下仁田カツ丼・・・醤油たれの「かつ丼」
  「きよしや食堂」などが有名。

【2】有名な山11山・・・★7山に登頂
 ★しかし、昔の話で写真が一つも見つからなかった。
@荒船山1,423m(日本二百名山)・・・1回
画像

A稲含山1,370m・・・・・・・・・・・2回
B大桁山(おおげた)836m
C小沢岳1,089m
D鹿岳(かなたけ)1,015m・・・・・・2回
E日暮山(にっくらやま)1,207m
F御堂山(みどうやま)878m
G妙義山1,104m(日本二百名山)・・・1回
H物語山1,019m・・・・・3回
   +メンベ岩+阿唱念の滝
   空居上人が阿唱念山吉祥院瑞光寺を建立。
I物見山1,375m+~津牧場・・・・・4回
J四ッ又山900m・・・・・・・・・・2回

【3】名所・旧跡
@下仁田の青畳・・・秩父古生層の緑泥片岩
画像


A歴史民族資料館「ふるさとセンター」
  下仁田戦争の名残
  高崎藩士戦死の碑&「義烈千秋」水府烈士の弔魂碑など
画像

画像
  
歴史民族資料館「ふるさとセンター」の下。
画像


里見哲夫先生宅には、鉄砲の玉の跡が残っている。 


【6】下仁田の偉人
『里見哲夫先生』
・・・シダ植物の全国的な植物学者である。
天皇様に尾瀬を紹介した凄い方である。

講演会後、植物のことで質問した。
  「遊びにきて下さい。」とおっしゃって下さった。
  2回訪問させていただいた。
1回目・・・28年前
  2回目・・・27年前
  
・榛名神社の「キヨスミシダシノブ」を教えていただいた。
   →後日、榛名神社の杉の木の近くで発見できた。
  「キヨスミコケシノブ」だったかな?
  
・オオバコの話・・・
   「オオバコは道ばたにいて強そうだが、実は弱い。
    草むらの中には、入って行けないのです。
    追い返されてしまうのです。」  
  
・部屋にあがらせて下さった。
  
・下仁田戦争のことを話して下さった。
・ 柱の刀傷を教えて下さった。
 ★実際は蔵の鉄砲の弾痕であった。
  記憶違いであった。
  「故人となった水戸??の・・・」
  忘れてしまった。  
  
・里見家先祖の話をして下さった。
  「安房里見?の負け組で、戦国時代にここに来た・・・。」
  と先生がおっしゃった記憶があるが・・

  
・庭で植物を見ながら、いろいろ説明して下さった。
・ヤマドリゼンマイがきれいだった。
  「ゼンマイ科の植物です。この茶色いの細長い胞子葉を
   ヤマドリ(山鳥)の尾に似ているからつけられた名前
   です。」

・リョウメンシダの話
 「どっちが表か裏かわからないようなシダもあります。」
 胞子嚢の話をして下さった。
 

・ベニバナヒイラギソウとヒイラギソウの話
   里見先生は「秩父古成層の一部に生えている。
   大間々と下仁田の一部にしかない。」
   「ピンクのベニバナは・・・で、紫の・・・」
   とおっしゃっていた。どっちの地区に生えている
   のか忘れてしまった。 

 3時間位、いろいろ教えてくださった。
★2種類のヒイラギソウをお土産にくださった。
 「貴重な植物いただいていいのですか?
  研究されている植物なんでしょう。」
 と言ったら、
 「結構、ふえますよ。」
 とおっしゃった。
 ありがたく頂戴した。嬉しかった。
 とっても楽しかった。充実した1日だった。
 げど、凄い方の家に図々しく行ったもんだ。
 とも思った。
   
 27〜8年前のことである。
  →いただいた2種類のヒイラギソウが我が家に残る。
  春、花が咲くと、里見先生にいただいたことを思い
  出す。   
 
 
「故人となった水戸天狗党も手厚く葬ってあげ
  た。死ねばみんな・・」
  と書いてから、水戸天狗党だっけ・・・和田峠下にあったけど・・
  と思い直して、間違っていたら困るを思って、消した。
  そしたら、消し損じが出てしまった。
   理由はどうあれ、結果として、失礼なことを書いてしまったの
  で、里見先生一族の方に嫌な思いをさせてしまいました。
  心よりお詫び申しあげます。申し訳けありませんでした。
  文面を訂正させていただきました。

  
画像



B中小坂鉄山・・・水戸藩→小栗上野介の開発。
  ★いつも通り過ぎてしまう。

Cさくらの里(47ha、50種15,000本の桜)
★3回訪問

D西牧関所(藤井関所)跡・・・上州姫街道にある関所
画像


E荒船湖(道平ダム湖)+荒船湖畔農村公園
 ★物語山の登山口・西下仁田温泉近くにある。

F荒船風穴(国史)・・・富岡製糸の関連遺産
画像

画像

画像


G神津牧場・・・物見山東の斜面
★4回訪問
  1887年(明治20年)開設。「日本最初の洋式牧場」である。
  ・・・安中の画家:多胡忠文先生が勤めていた。
画像

  ジャージー種のカレー&ソフトクリームが旨い。
画像

画像

  ついでに、レアチーズケーキを購入した。 
画像

★5月下旬・・・レンゲツツジがいい。
  群馬三大レンゲツツジの名所である。


【5】下仁田の温泉
@下仁田の温泉「清流荘」・・・2回

A西下仁田温泉「荒船の湯」・・1回


【6】下仁田出身の有名人
@高橋道斎・・・江戸中期の学者・書家・俳人。
  ・享保3年(1718) 下仁田で生まれ 
★群馬県高崎市吉井町の多胡碑を世に紹介。
画像

「多胡碑」は日本3大古碑。(国史)。
画像

  和銅4年(714)太政官の弁官の命令として、多胡郡と
 するというもので、太政官は二品穂積親王(天武天皇皇子)
の他右大臣正二位藤原の尊(藤原不比等)などの記名がある。
  上野(かみつけぬ)の国の片岡(現高崎市)の郡、緑野(み
  どの)の郡(現藤岡市)、甘良(から)の郡、并(ならび)
  に三郡の内の三百戸を郡と成し、 羊に給して多胡郡と
  成す。」

  「羊」は、「羊太夫藤原宗勝」のことで、秩父で和銅を発見
   した功績が認められたことから、多胡郡を賜ったそうだ。
      (★若狭先生の「高崎千年物語などより)
  ★高橋道斎・・・多胡碑の書体を見て、帰化人文化では
   ないかと道斎は考えた。字体は丸みを帯びた楷書体で、
   六朝?中国北魏?ではないかと考えたそうだ。
  ・高橋道斎の墓(昭和38年群馬県指定文化財)
 下仁田町下仁田の西山常住寺境内にある。

A関牧翁・・・臨済宗天竜寺派大本山管長
  第二百四十一世天竜寺住職
★京都の等持寺(足利尊氏創建)に達磨の絵がある。
画像


B井森美幸・・・タレント
下仁田高校出身。
  ・・・陶芸門下の同僚:小川氏の教え子である。


(★下仁田商工会・ウキペディアのHp等を参考に
  食べた物・行った場所など作成
。)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心◆群馬『水戸天狗党&下仁田戦争』
★平成25年(2013)年3月初旬、里見哲夫先生の御孫様には、大変 嫌な思い、御迷惑をおかけしてしまいました。改めてお詫び申し上 げます。知識不足の「下仁田戦争」を調べることにしました。 ★里見哲夫先生と御孫様、御先祖本当に大変だったのですね。 「元治元年(1864) 11月16日、高崎藩一番隊は里見治兵衛宅前 に陣を構え討つことにした。」(★「上州の明治維新」:中島明著) そして、「水戸天狗党と下仁田戦争150話」大塚政義著、 「水戸天狗党と下仁田戦争」群馬県立歴史博物館第... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/03/24 09:55
箕輪初心◆水戸天狗党3の3「信濃→越前:処刑」
★水戸天狗党の西上の最大の激戦地:上野国下仁田の下小坂の 岩下の群馬bPの植物学者:里見哲夫先生宅前の畑である。 高崎藩109人 VS 水戸天狗党925人の戦いがあった。 高崎藩36名、水戸天狗党4名の戦死者を出した。高崎藩は 撤退しながら、安導寺で再び戦った。高崎藩は撤退し、水戸 天狗党は下仁田の本宿に泊まった。リーダーの武田耕雲斎は 神戸家に泊まった。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/03/26 05:47
箕輪初心◆水戸天狗党3の2『下仁田戦争の詳細編』
★平成25年(2013)3月24日、里見哲夫先生宅に伺った。蔵の壁に は鉄砲の弾痕が残っている。近くには、勝海舟の書という「高崎藩士 戦死の碑」がある。島ア藤村も訪れたという。10mの崖上は、天狗 党が里見邸前にいた高崎藩を攻撃した場所であり。現在はふるさと センターである。下仁田戦争の激戦地だった場所である。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/03/27 17:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
里見哲夫の孫ですが、「故」とはどういった意味でしょう?
里見
2013/03/14 20:11
失礼なことを書いてしまいました。
お許し下さい。
里見哲夫先生の御孫様へ
2013/03/14 21:08
人権を冒涜してしまったことを深くお詫び申しあげます。軽率でした。申し分けありませんでした。
里見先生の御孫様様へ
2013/03/14 21:25
早々に直していただけてよかったです。
ありがとうございます。
里見
2013/03/16 09:16
本当に不快な思いをさせて、申し分けありませんでした。27年経った今でも里見先生の教えてくださった植物のこと・歴史のことがいくつか記憶に残っています。心よりお詫び申し上げます。
里見先生の御孫様へ
2013/03/16 12:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心■群馬【下仁田町の特産品&山&名所・観光地】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる