城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心■京都9回目ー@『清水寺→江の養源寺・嵐山』

<<   作成日時 : 2011/12/05 06:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

読売旅行の夜行日帰り10000円旅行に出かけた。昨年の12月
初旬の旅行に引き続いての京都旅行である。
平成23年(2011)12月2日22:30高崎→バスで過ごす。→3日朝。
06:00清水寺・妙法院・三十三間堂前・養源院前→タクシー・
08:00嵐山・渡月橋・天竜寺前→電車・広隆寺前・等持院・電車
10:30東山〜真如寺・金戒光明寺・タクシー
12:00南禅寺→漬け物屋→
13:00東福寺→泉涌寺・西国十五番・・=====22:20家
画像

  (★平成22年12月4日の清水寺)
画像


【1】清水界隈(06:00~07:40)

@清水寺・・・世界遺産
・市営駐車場・・・参道を上る。まだ薄暗い。
・仁王門(重要文化財)
・三重塔(重要文化財)
画像

・本堂(国宝)・・・秋の紅葉を背景にした懸崖造り。
画像

画像

・市街地の眺望も最高。
画像
20111203n01kiyomizu15.JPG" width="320" height="239" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" />
・地主神社・・・パワースポット
画像

・奥の院からの眺め・・・早く明るくなれと願う。
画像

・滝・・・同じツアーのお子さん達
     超パワースポットである。おいらは何も感じない。
画像

・15の堂塔(重要文化財)
画像

◇清水寺の歴史
・宝亀9年(778) 延鎮が開山。
・延暦17年(798年)坂上田村麻呂が仏殿を建立(伝)。
・寛永8年(1631)から10年(1633) 徳川家光の寄進→再建。

清水焼のショーウィンドウ
画像

画像

画像



A妙法院門跡・・・後白河天皇は、在位3年足らずで譲位。
画像

画像

画像

◇妙法院の歴史
・保元3年(1158) 後白河上皇。
・嘉応元年(1169) 出家して後白河天皇法皇。
※後白河上皇は譲位後の院御所=法住寺殿の造営を進めた。
・永暦2年(1161)居住し、院政が行われた場所である

智積院・・・豊臣秀吉の3歳で死去した鶴松君の菩提寺
       に関係。
画像


B三十三間堂前(妙法院蓮華王院・・)
画像

画像

◇妙法院蓮華王院の歴史
・長寛2年(1164) 後白河上皇の御所の西側に
蓮華王院を建立させ、千体千手観音像を安置した。

C養源院前・・・運命の浅井→豊臣→徳川が眠る寺
  京都市東山区三十三間堂廻り町
  拝観時間 9:00〜16:00・・・・★当然、入れない。
 門・・・・
画像

画像
 
 本堂・・・元和5年(1619年)に破却された豊臣秀吉の伏見城
  の殿舎を移築(伝)。
 血天井・・左右と正面の廊下の天井は。関ヶ原の戦いの前哨戦とも
 いわれる伏見城の戦いで鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,
 最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井とした。
 武将達の遺体は8月から9月中旬まで放置されていたと言われ、
 今も生々しい血の痕があちこちに残る。崇源院の豊臣秀吉への
 憎しみを表しているといわれている。
・鶯張廊下・・・日光東照宮の眠り猫で有名な彫刻師:左甚五郎
 が造った(伝)。廊下は、長さ約12m、幅約2m。
 NHK大河ドラマ「江〜」の影響で「養源院」の「鶯張りの廊下」
 は歩くとウグイスの鳴き声のような音がするが、養源院によると、
 廊下の3割程で音が出なくなった。
・襖絵と杉戸絵・・・俵屋宗達作の重要文化財。
 杉戸の象や唐獅子や麒麟などを図案化した構図は、奇抜。
・庭園・・・小堀遠州の作。東山の阿弥陀ケ峯が借景。
画像

◇養源院の歴史
・文禄3年(1594) 豊臣秀吉の側室:淀殿が父:浅井長政の供養の
  ために豊臣秀吉に願って成伯法印(長政の従弟の比叡山)を
  開山として創建。
・元和5年(1619)火災により焼失。
・元和7年(1621) 淀殿の妹で徳川秀忠の正室・崇源院(江)の願い
  により再興。→徳川氏の菩提所。2代〜15代。

            (★ウキペディアより編集)

○タクシー・・・620円
○バス移動

08/20嵐山に到着し、観光会社の記念撮影をした。自由時間だ。
渡月橋
画像

D天竜寺
画像

○嵐山駅・・
画像

 乗り換え場所を越えて、2つ先で下車。
画像

 乗り換え・・
○広隆寺前・・
画像

画像

○等持院駅前

乗り換えの失敗により、30分のロスタイム。
  金閣寺には行けなかったのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心■京都9回目ー@『清水寺→江の養源寺・嵐山』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる