城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 小栗上野介I「東善寺訪問」8回目

<<   作成日時 : 2011/09/23 06:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

平成23年(2011) 9月4日、「たつなみ」小栗上野介顕彰会
  の機関誌が届いた。東善寺の村上先生からであった。
  同時に、会費1300円の振り込み用紙が入っていた。
  しかし、振り込み用紙をなくしてしまった。

平成23年(2011) 9月12日、東善寺8回目の訪問となった。
画像

  
1)会費納入・・・1300円
   村上先生「領収書はありません。」

2)本の購入・・・「幕末開明の人 小栗上野介」600円
村上先生「ここのベストセラーです。」
画像


3)住職:村上泰賢先生との話
@「たつなみ」の話
  村上先生「徳川先生の記念講演が全部載せられてよかった。」
  箕輪初心「ブータンのことが印象に残っています。・・・。」 
画像

  (★ブータンの子ども・・・日本人そっくり。)

A群馬ディスティネーションキャンペーンの話
「梨狩りと小栗上野介・榛名神社とカッター漕ぎ体験」
村上先生「9月24日は平日で紹介できないかもしれませんね。」
  箕輪初心→すみません。

Bブログの話
箕輪初心「7月28日に入会後、小栗上野介について3回書き
 ました。村上先生の話&道子夫人の避難経路です。」・・・

C大音龍太郎の話
箕輪初心「大音龍太郎は、龍門寺(高崎市箕郷町)に
      3年いたんですね。ブログに書きました。」

  村上先生「おおねおおとりょうたろうって、いいます。」
  ★指摘のしてくださったのに、訂正が遅れてすみません。
 
 
 箕輪初心「初代:岩鼻県知事ですよね。」
村上先生「すぐ、罷免させられ、渋川に金の無心に
来たそうです。」
画像


D咸臨丸の話
★箕輪初心「咸臨丸の意義は、サンフランシスコに行った
ことより、小笠原を日本の領土にしたことに意義があると
  思います。塩飽水軍は50人の内35人いたそうです。
  小笠原はアメリカに行った後、小笠原に行っています。
  小笠原が完全に日本になったことが、咸臨丸の存在意義
  だと思います。・・・・。」
画像

村上先生「塩飽水軍は役に立ってないみたいですよ。
  行きの嵐以外は、・・・・。所詮、海賊だったんです。」
画像

   (★香川県丸亀市本島の笠島・・・塩飽水軍の末裔の町
     ・・・伝統的建物保存地区指定)
村上先生「小笠原某が既に島に入っていましたから、・・
 咸臨丸は役にたってはいなかったです。」
★村上先生の答えにちょっとがっかりした。
●咸臨丸の4割は香川県本島の塩飽水軍末裔の方々なのに・・・
 ●小笠原の先住民はアメリカのハワイの人なので、あせった日本は
 その方達を日本人ということにし、日本の領土にやっと表示したのに・・・。
 見方・評価が違うので、だまっていた。
画像

    (★小笠原の小笠原長頼記念碑)

E村上先生「戦前の修身の教科書に、勝海舟があった。
「教科書における勝海舟&咸臨丸の取り上げ方」について
 調べてくれる人はいないかなあ?
★箕輪初心「勝海舟&山田長政は、戦前の教育の中で、ヒーロー化
 しなければ、ならない人物だったと思います。・・・
 海外進出の正当化&鼓舞=アピールにために・・・
 教科書は私には無理かもしれません。

4)小栗上野介の墓・・・複雑な気持ちで手を合わせた。
  ※本当の墓は供養塔の上、200mの竹藪の中にある。
画像


5)小栗上野介の斬首の場所
  「罪なくして、・・
画像

画像


小栗上野介J『たつなみ第36号』小栗上野介顕彰会機関誌
画像

1)小栗祭り・・・

2)講演「小栗上野介の日本改造ー幕府の運命ー」村上泰賢

3)遣米使節150周年記念・高崎市政110周年記念事業
@小栗上野介展
A開会挨拶「近代日本の黎明を振り返る」市川平治
B記念講演「日本の心ー近世から近代へー」徳川恒孝

4)紙芝居「小栗上野介の生涯」の制作・・唐沢裕太郎

5)「小栗上野介の側室ウタ」は存在しない・村上泰賢

6)千葉県内の小栗領と小栗上野介について・・彦坂徹

7)本の紹介
@村上泰賢著「小栗上野介ー忘れられた悲劇の幕臣」戸塚祐子
A橋本進著「咸臨丸、大海をゆく
     ーサンフランシスコ航海の真相」豊原稔
B安藤優一郎著「勝海舟と福沢諭吉
      維新を生きた2人の幕臣」雨宮由希夫

8)小栗上野介顕彰のあゆみ(平成22年度)

9) 小栗上野介顕彰会会則

10)平成22年度小栗上野介顕彰会役員名簿

11)編集後記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心★小栗上野介M童門氏VS村上泰賢先生TV討論
★平成24年(2012)12月12日(水)の22:00〜23:00の BSーTBSの『ライバルの光芒』で、勝海舟=童門冬二 氏 VS 小栗上野介=村上泰賢先生の対談のTV放映が あった。司会:高橋英樹氏&アシスタント:加藤シルビア氏 であった。村上泰賢先生って、全国レベルだ。★凄えな。 私は小栗上野介ファンである。できれば、小栗上野介が 造った横須賀造船所が世界遺産になって欲しいと考えて いる一人である。なぜなら、日本の重工業の発展の元に なった場所だからである。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/12/18 07:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大音龍太郎は「おおとりょうたろう」と読みます。滋賀県琵琶湖の北東にある大音村の出身です。
黙魚
2011/12/27 15:54
大音龍太郎・・・読み方の正しいご指摘ありがとうございます。群馬県史・箕郷町誌などで時々、お目にかかる名前ですが、読み方をなかなか覚えられません。群馬の初代:岩鼻県知事だそうです。
黙魚さんへ
2011/12/30 23:50
「おおと」りょうたろう
の間違いが訂正されていませんね。
住職は「おおね」と言ったことはないそうです。
黙魚
2012/04/21 09:23
指摘が直せなくて、すみません。
直します。ごめんなさい。
黙魚さんへ
2012/04/22 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
小栗上野介I「東善寺訪問」8回目 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる