城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★群馬の梅@【梅の出荷】&『梅の歴史』

<<   作成日時 : 2011/06/25 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

梅の生産は、群馬県は和歌山県に次いで全国2位の生産量を誇る。
群馬県の梅は、箕郷・榛名・秋間が3大生産地である。
【1】 箕輪初心=我が家は零細梅農家
我が家は、梅農家になって約40年経つ。
4年前、7tの出荷量があったが、父母が高齢者になり、
梅の木を70本→40本程に縮小した。
零細農家の我が家の生産量は、
一昨年が4t半。去年が2t半。今年が4t300kg?程である。

画像

今年は6月8日(水)〜6月27日(月)まで、手もぎ→選果→出荷をした。
私は、平日は職場に行くため、朝2時間&夕方も2時間程度手伝うことが
多かった。土日は8時間〜13時間程手伝った。
なんとも疲れた6月であった。

画像


【2】 我が家の品種
 @白加賀・・・自家受粉しない梅・・
       用途・・・梅酒・漬け梅・カリカリ梅。
A梅郷・・・・箕郷でグランド品として狙っている梅
B鶯宿・・・・薄いピンクの花。カリカリの早稲種。虫に刺されやすい。
C紅養老・・・浅黒い梅だが、完熟に適している。
画像

D太平・・・・花粉樹。種が大きく尖っている。
E織姫(小梅)・・・・小梅完熟。漬け梅用小梅。
F甲州(小梅)・・・・カリカリ
画像


【2】出荷作業
@手もぎ・・・高い所は4尺〜8尺の脚立を使う。木登りもする。
A20kgコンテナに入れる。
画像

B坂道運びようのキャタビラ付きのテーラーで車まで運ぶ。
C家で選果をする。・・・選果機を使用するが、選別は手作業。
  上げ台・・コンベア・・
画像

ローラーの上で転がる。
選別方法は、出荷不能の梅=傷物・虫さされ・黒星病を捨てる
B品を別のコンテナに入れる
画像

良品はコンベアで流れていき、大きさ別に自動選別される。
コンテナに20kg入ると、別のコンテナを用意する。
画像

DB品は22,5kg(雨天時、23,5kg)計る
EJAに7時〜11までに出荷する。
  【JA出荷作業】
Fコンテナ数を記録し、提出する。
画像

GJAのコンベアで選果機に運ばれる。
画像

HJAの大型選別機で、B品(作業員の茶菓代になるらしい。)や
悪品(特に崩穴?=水分不足で、陥没ができたり、変色したりする)
8人の検査員が厳しくチェックする。
選果費用を何%か取られるが、崩穴は1コンテナ4個以上あったり
汚かったり、粗悪品が多かったりすると、持ち帰りになる。
画像

IJAで検査終了。
画像

JJAが、出荷する。梅組合が出荷する。
地元の加工場・・・・・・織り姫の梅干し
           ・梅ジャム・梅ジュースなど
群馬のムラオカ食品・・・カリカリ漬け
東京・横浜などの大市場へ・・・梅酒用・漬け梅用
和歌山のチョーヤ・・・・「ウメッシュ」など
  愛媛のポンジュース・・・梅ジュースなど
画像


★今年は当たり年で、何本か、もげなかった。
  7月上旬には、完熟の梅になるだろう。

【2】梅の歴史
●梅は東アジアに生育し、中国が原産地だといわれている。
日本の梅は、中国からの移植説と日本古来の原産地説がある
古墳時代(1500年程前)・・・梅が中国から薬として伝わった。
  薬用の烏梅(ウバイ)は青梅を薫製・乾燥したものである。
奈良・平安時代・・・貴族が観賞用、薬用に植樹した。
          生菓子にして食べていた。
平安時代中期・・・・栽培が増えた。
  塩漬が“梅ぼし”として書物にはじめて登場した。
  村上天皇・・・・梅ぼしとコブ入り茶で病が平癒
  日本最古の医学書『医心方』に記録。
   ・・梅干しの効用として、熱さまし、吐き気止め、口の乾き止め、
     下痢止めなどがあげられている。
  →効用がわかり、長期保存ができる塩漬法が考え出された。
鎌倉時代・・・僧侶・・・梅ぼしは点心やおやつであった。
食用(梅干し)&薬用・鑑賞用(花)
       木は硬質のため、器物に使用されていた。
★佐野源左衛門常世・・・北条時頼は、上野の佐野(高崎市)
 に来た。雪の降る日で一夜の宿を頼んだ、しかし、薪がなく、
 梅の盆栽を薪にした。

室町時代・・・武士の食膳にも使われるようになった。
戦国時代・・・農民=武士に、梅干しが広く普及。
  梅干丸(うめぼしがん)を戦場に携行
    @戦場での「息合(いきあい)の薬」=息切れ防止薬として
     戦場での戦いで倒れたときや元気を失ったときなどに
     唾液を催させるとして使われた。
     ★暑気=熱中症の予防になる。
★生水の殺菌作用もある。
 私は海外旅行のお供に、梅エキスを携行している。
    A食欲増進剤・・・梅干しのスッパさを思い、口にたまるツバで
     喉の渇きを癒したり、御飯のおかずとして用いられた。
Bおにぎりには、腐敗を遅らせる効果がある。
  梅干丸・・・「梅干しの果肉」「玄米の粉」「氷砂糖の粉末」を
       練ったものである。  
江戸時代・・・梅ぼしが一般の家庭に普及。
江戸時代中期・幕府が梅を植えることを奨励。
       冬が近づくと梅ぼし売りが江戸市内を回った。
★天明の大飢饉(1536〜)で、有名になり、さらに普及。
 紀州の徳川家は梅干しを奨励していたため、
 餓死者が一人も出なかったのだ。

明治時代初期・・コレラや赤痢の予防・治療に梅ぼしが用いられた。
        日清・日露戦争でも重要な軍糧として利用された。
昭和時代・・・南部高校の先生が新しい品種を開発した。
      「南高」である。
画像

画像

   ★日高川の30〜45度にも、南高梅が作られている。
     高齢者世代を迎え、重労働が続く農民。
     儲けるのは、地元も加工業者だけかもしれない。


現在・・・・・・梅製品の拡大   
梅酒・梅ジャム・梅エキス・梅ゼリーなど。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心◆『夏を乗り切れ、ピンク色の梅ジュース』
「梅ジュース」は、最低でも、@瓶とA梅&B砂糖があれば、 簡単に作れるが、「我が家特製のピンク色のジュース」の ノウハウを伝えたい。しかし、我が家はここ10年、梅ジュー スを作っていないのだ。「梅干し」&「梅酒」が主流である。 梅は御飯のすえるのに効果がある。また、熱中症対策・解毒・ ・整腸作用・下痢止め・骨粗しょう症予防・疲労回復・血液 サラサラ ・美肌効果・・・等いつまでも元気でいたい人にも いいらしい。また、私は「梅干し水」は熱中症予防のため、畑 仕事や登山に使ってい... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/11 05:20
箕輪初心▼2013群馬の梅の価格下落&梅農家の危機
★群馬県の梅生産は全国2位・・7割は高崎の榛名箕郷地区である。 高崎市箕郷地区・高崎市榛名地区・安中市の秋間地区が群馬の三大 梅林である。「JAはぐくみ」によれば、梅農家は平成19年で榛名 地区が317軒、箕郷地区が280軒ある。しかし、箕郷地区にはJA 営農部ルートでない独自のルートで販売する個選=善地梅組合が 10軒以上もある。また、個人で市場に出荷している農家もある。 さらに生梅を梅干しに加工する農家もある。正確な出荷総量を把握 できないが、実際には、農林水産省の統計よ... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/26 07:21
箕輪初心◇【電子レンジで2時間でできる梅ジュース&梅サワー】
★『夏を乗りきれ、ピンクの梅ジュース』の発展系・退化系とも言える 電子レンジを使った2時間で簡単にできる梅ジュース&梅サワーの レシピを紹介しようと思う。元々は高崎のJAはぐくみの『梅狩り& 梅ジュース作り体験』で開発された即興・即席のオリジナルのレシピ である。梅需要拡大の農協の戦略に開発されたこの梅ジュースのシロ ップ=原液の作り方は実に簡単で、すぐ飲めることが特徴である。 できあがった梅ジュースシロップは水や牛乳で割ると美味しいのだ。 かき氷のシロップやカルピスのシロッ... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/28 05:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
梅の出荷、お疲れ様でした。
元気の源は、梅と酒かな?
7月の土曜塾日が変更になりました。
第一土曜の2日が開講日となり、第二土曜の9日が休みになります。
9日は県庁ホールで伝統工芸品展が開かれるので、実演をしなければならなりません。会長になり、より荷が重くなりました。集客にも努力しなければなりませんので、どうぞ来場下さい。
696
2011/06/25 22:58
とうとう、群馬の伝統工芸品関係の重鎮になってしまいましたね。うれしくもあり、つらくもありの複雑の立場のようですね。でも、先生。どうせ、同じことするなら、いい方に解釈した方が、気が楽かもしれなせん。
696さんへ
2011/06/26 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★群馬の梅@【梅の出荷】&『梅の歴史』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる