城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆新潟:【雲洞庵】&【関興寺】

<<   作成日時 : 2011/06/02 06:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

『魚沼産のコシヒカリ』で有名な新潟の米処には、
2つの大きな禅宗の修行道場があった。
【雲洞庵】【関興寺】である。
@雲洞庵・・・曹洞宗の修行道場。「土踏んだか?」
A関興寺・・・臨済宗の修行道場。「味噌なめたか?」
「修行者が2大禅道場で曹洞宗と臨済宗の禅を学ばなければ、
 一人前の禅僧とは言えぬ。」ということから、
 この言葉が生まれたそうだ。
【1】【雲洞庵】・・新潟県南魚沼市雲洞660
雲洞庵(うんとうあん)には、4回訪問した。
@2006年8月5日・・・上杉顕定の墓&長尾政景の墓
 ★雲洞庵は、素朴な寺であった。静かである。
  

A2007年8月5日・・・坂戸城登山&長尾政景の墓
 ★雲洞庵の宝物殿には、凄い文書類があった。
楠木正勝? 誰だ。その人?
画像

B2009年6月27日・・NHK大河ドラマ「天地人」散策の一貫。
 ●直江兼続の兜の「愛」の文字は、通天存達の教えである。(伝)
  当時の住職は北高全祝や通天存達である。
 ○雲洞庵の入り口・・・400円?
画像

画像

 ○山門・・・・・赤門。
画像

画像

 ○参道・・・・4回歩くだけで仏の功徳がある参道の石畳。
 「赤門から本堂へと続く参道の敷石の裏には法華経が書き写されて
  いる。」という言い伝えから、「雲洞庵の土踏んだか」の言葉が生まれた。
  一度は訪れるべき越後の名刹として広く知られることとなった。
画像

 ○宝物館・・・・上杉景勝公遺墨・武田信玄公書状
        ・北高禅師「火車落としの袈裟」などが展示。
画像

 ○講堂・・本堂・・・・・
画像

 ○?
画像

 ○
画像

C2011年5月22日・・川端康成の『雪国』&六日町散策。
★上杉景勝・直江兼続の出会い・修行の場である。
4回目なので、中には入らなかった。
画像

◎長尾政景の墓・・・4回目
◎池・・・・・宇佐見が謎の死を遂げた場所。
○六万旗城前を通って、十日町に向かった

■雲洞庵の歴史
・養老元年(717) 藤原氏の尼寺として開山。→衰退。
・室町時代・・・上杉憲実が藤原氏末裔の縁で曹洞宗の寺として開創。
        上杉憲実が本堂建立。
・江戸時代の宝永年間・・・出雲崎の大工達が再建。
   本尊釈迦無仏、脇侍、伽葉尊者、阿難尊者、十六羅漢を安置。

<上杉景勝、直江兼続が学んだ寺>・・NHK「天地人」
 13世:通天存達和尚は大豪族:長尾家の出身である。
 上杉謙信の兄=姉の仙桃院だ嫁いだ従兄弟の長尾政景が
   亡くなると、長尾景勝を引きとって雲洞庵で教育した。
  雲洞庵で、長尾景勝と一緒に教育されたのが直江兼続である。
 ★長尾景勝&直江兼続公は教養が高かった。
 通天和尚&北高和尚は武田信玄の末娘と上杉景勝の婚姻を
 進めた。=両家を織田信長公との戦いに備えようとしたのである。
・天正10年(1582)3月 武田氏が滅亡。
・天正14年(1586)6月 上杉景勝の家老:直江兼続・萩田主馬を
  連れて、太閤秀吉に謁見。・・・秀吉は直江を配下にしたかった。
  →「上杉景勝=従三位。家老:直江兼続は=従五位。」
  
 ○天地人博の写真・・・2009年6月27日
画像

 ★少年時代の撮影場所は、群馬の妙義神社であった。

【2】】関興寺】・・1回
@2011年05月22日
 ○川端康成の小説『雪国』の散策後、関興寺に行った。

○関興寺・・臨済宗の鎌倉の円覚寺派の修行道場であった。
画像

画像

画像

 ○本堂
画像

 ○屋久杉の欄間
画像

画像

 ○味噌鉢
画像

 ○関興寺味噌・・・500円
画像

 ●和尚さんの話・・・予約団体と一緒に話を聞いた。
  @「関興院・・・上越国際スキー場の右のリフト上にあった。」
A会津→米沢・・・江戸時代に、現在の地へ。
B「味噌なめたか」・・僧がみそ作りをした。
C六日町の城を教えたくださった。
 ○御朱印・・・300円
画像


★次は「坂戸城」に登城しようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆新潟:【雲洞庵】&【関興寺】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる