城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▲群馬:尾瀬bS0「景鶴山」

<<   作成日時 : 2011/05/02 06:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2011年GWのメイン旅行を3つ考えた。
@群馬:尾瀬景鶴山・・雪がある時のみ行ける群馬百名山
A山陰路・・・・・石見銀山・出雲大社・足立美術館他
B焼き物ハイキングである。
画像

●尾瀬の景鶴山=【群馬百名山】
尾瀬ヶ原の北側一帯は、植生の保護の為に入山禁止となっている。
かつては東電小屋から笹山→与作岳→景鶴山へ至る登山道があった。
現在、景鶴山へは残雪期に登るのが唯一の方法である。
個人では、行きにくい山である。
★もちろん、「景鶴山」が群馬百名山になっていなければ、行かない。
個人なら、10000円。個人でも行ける。登山情報は中ちゃんに
聞けばいいからだ。尾瀬には個人や安いバスハイクがほとんどである。
Cツアーは29000円である。高価な値段である。
しかし、出かけることにした。理由は@一人では少し不安なこともあり、
ACツアーへの今年の「初挨拶」を兼ねての出陣となった。


■尾瀬情報・・・4月29日に尾瀬ヶ原でオープンしている小屋
@鳩待の小屋・・
A山の鼻山荘・・
B竜宮山荘・・・・4月23日より
C檜枝岐山荘・・4月29日より


■1日目・・・4月29日
○前橋8:30 ==片品村蒲田で買い物・・戸倉==鳩待峠(11:00)
11:45鳩待峠1591m→ 至仏山がよく見える。
画像

   緩やかな下り坂が続く。今年は雪が多く、登山道は見えない。
   足跡が頼りであるが、私は数十回通った道である。
画像

12:00山ノ鼻12:10・・・
   国民宿舎「尾瀬ロッジ」はまだオープン小していなかった。
   でも、山の鼻小屋は開いていて、宿泊・売店が利用可能であった。
   テントは10張くらいだった。
12:10 南東にコースをとったら、行けなかった。
   背後に17回ほど登った至仏山、前方に2回登った燧ヶ岳が望める。
橋は傾いていた。
画像

★至仏山の山スキー・強行尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺縦断・大清水から
日帰り燧・檜枝岐から燧などを思い出しながら、進んだ。
山ノ鼻から約30分程で牛首分岐点に到着した。
画像

13:00中田代・・・竜宮十字路分岐・・・
画像

画像

   尾瀬の水芭蕉ポイントはダメだった。
画像

   景鶴山が見えて来た。★明日はあそこか?
画像

   福島県に入った。
14:30竜宮小屋
画像

15:15檜枝岐小屋(泊)
画像

画像

酒・ビール・・アイゼン合わせ・・・自己紹介・・・・
 多彩な肴を戴きながら、山小屋で飲む酒は格別である。
画像

・夕食
画像

  ・ 宿オーナー「くまひげ」さんの話とビデオ視聴。
・話・・・「ヨッピ橋は通れる。」情報を得た。

■2日目・・・4月30日
03:30起床・・・準備・・・トイレ・・12本歯のアイゼン着装。
04:15檜枝岐小屋・・暗い中をライトをつけて歩く。
04:50東電尾瀬橋
画像

05:15東電小屋裏で、休憩。服調節。おにぎり1個。
画像

   ★良く締まった雪面にアイゼンが利き、快適である。
★東に「ダイヤモンド燧」が見えた。朝日に感動した。
画像

06:15▲笠山・・・2度目のうんこタイム。
2本のブナによりかかり、木のまわりの1m程の深さの
穴に肥料をまくのだ。→植生が変わるのだ。★やばい。
06:40 笹山と与作岳を結ぶ稜線上の鞍部
07:00 朝食タイム・・期限切れのおにぎり1個+小屋のおにぎり。
   アイゼン修理タイム・・紐を頂いて、靴に固定できた。
   感謝です。30分の休憩後、出発。
 
画像

07:45▲与作岳→
   与作岳から見た景鶴山は見事であった。
   広々とした山頂部からは、景鶴山から平ヶ岳へ至る稜線
   や会津駒ケ岳や帝釈山等の会津の山並みが一望できる。
画像

   与作岳から景鶴岳へは80m位下がる。
0800 鞍部・・平ヶ岳を遠望した。★2回登った山である。
08:30 ▲1905mピーク→★眺め最高。
画像

鞍部に下がって、登り直し。
頂上へは両側が切れ落ちた細い雪稜である。細い尾根を登る。
   滑落が心配である。両方とも崖であるが、左は落ちたら死ぬ。
   短い距離だが高度感があって怖い。
★怖いよ。怖いよう〜〜。★ピッケルが欲しいよ〜〜〜〜。
画像

◎岩場の手前では行列ができ、渋滞した。
山頂部へは急な雪面を登るのである。
画像

   ★こんな急斜面を登ったのか、帰りが怖い。
画像

難関をクリアし、さらに狭い稜線を踏んでいく。
画像

慎重に登って、景鶴山の頂上に登り着いた。
画像

09:40▲景鶴岳・・・山頂は20人が立つのが精一杯だった。
画像

高橋氏の手作り「2004m景鶴山」
画像

 頂上からの360度の展望で素晴らしい。
    北・・・平ヶ岳の白い稜線が眩しい。12本歯のアイゼン。
画像

    北東・・与作岳・会津駒ヶ岳・帝釈山が遠望できる。
    東・・・燧ヶ岳
東〜南〜南西・・・燧ヶ岳からアヤメ平、至仏山にかけての
    尾瀬の山々も一望できる。
    眼下には尾瀬ヶ原をヨッピ川が蛇行して流れている。
    南西・・至仏山の天然スキー場が見える。
    ★展望を楽しんでいる間にも登山者が続々と登ってくる。
     くつろいでいる暇はない。
    パノラマをデジカメで撮影する余裕はなく、下山。
10:00 下山→
高橋リーダーがまず、山頂下のザイルを張った。
次に、◎い岩場からロープを張ってくれた。
★安心料¥29000円という値段の理由なのであろう。
でも、おいらは高所恐怖症。雪稜をへっぴり腰で下りた。
画像

10:30分岐?・・・
  景鶴山からヨッピ橋からケイズル沢沿いに下るルートを選考。
  @雪崩の危険Aヨッピ沢への転落の危険でリーダーは悩んでいた。
  数年前ヨッピ沢を詰めて登ろうとしたパーティーが雪の下を流れる
  沢に転落した事故があったとのことだった。
10:4035度の尾根くだり・・・おいらはスキー気分で満足であった。
仲間の中には、お尻がたれ下がった格好で危険な人もいた。
  ★やっぱり、山スキーの方がいいや。35度の斜度はいいよ。
画像

11:00 景鶴沢→雪崩跡があった。
昼食タイム・・・食料をほぼ食いきった。
アイゼンを脱いで、踏板の外されたヨッピ橋を渡ることになった。
12:00ヨッピ橋=尾瀬ヶ原の北側を東西に流れているヨッピ川に架かる橋
   鋼鉄製の丈夫な吊橋であるが、踏み板がなく、下の黒い川面が見
   える状況なのだ。・・・最初はびびったが、ワイヤーに掴まって
   鉄骨を辿って渡るので、あまり緊張しなかった。
   橋の高さは3m程で、距離も8m程橋である。
画像
  
12:20看板「5月20日まで、通行禁止」とあった。
   ★降雪期には踏板が外されていて、尾瀬に春が来ると着けるのだ。
   ★雪の重さは1立方mで、360kg=450kgである。
  →雪の重みで崩壊の可能性も多いからであろう。   
12:30 竜宮&山の鼻の分岐
   ★15人、みんな無事である。あとは危険な箇所はないので安心だ。
13:00 2つの橋・・・お花摘みタイム
画像

   僅かなにわか雨だが、雨合羽を装着した 
13:30山ノ鼻・・・・ビールタイム
画像

14:00出発→
 ファットスキーやスノーボードを担いだ人やスノーシューを履いた人も
 多かった。賑やかな道が続いていた。
 途中、滑落しそうな山スキーヤーの板を拾ってあげた。
15:35鳩待峠

15:50マイクロバスで帰路
風呂は中止だった。★がっかりである。

★尾瀬は、尾瀬ヶ原・尾瀬沼と取り囲む山々の全域が「尾瀬国立公園」の
特別保護地区に指定されている。登山道のない景鶴山は、厚い雪に覆われ
た時期にのみ登ることができる。でも、本当は入ってはいけなのではない
だろうか。国や県が黙認した状態なのかもしれない。
また、「通行禁止のヨッピ橋」も暗黙の了解状態なのであろう。
そうでなければ、【群馬百名山】&【日本三百名山】であり得ない。
「もう、二度と来ないな。尾瀬にはもっと素晴らしい所がある。」などと
思いながら、・・・うとうとと、バスの中で寝てしまった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心▲群馬百名山『阿能川岳は遠かった。』
★誰が決めたか群馬百名山。群馬でも、単独で登頂し難い山 がある。それは、▲景鶴山&▲阿能川岳である。雪山シーズン のみ登頂が可能な山だからである。「群馬県人に全く馴染みの ない、愛されてない山。」と言っても過言ではない。誰がこん な山を群馬百名山と決めたのか、と腹立たしくなる山である。 ★平成24年(2012)3月18日、阿能川岳を目指した。 コースは、{仏岩ポケットパーク〜赤谷越〜三岩山〜阿能川岳 〜三岩山〜赤谷越〜仏岩ポケットパーク駐車場}である。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/03/20 08:22
箕輪初心▲尾瀬40「水芭蕉」&老神温泉5「華亭」
★6月2日、金沢の100万石まつりに行きたかったが、 友達が行けなくなったため、中止にした。尾瀬の水芭 蕉がピークらしいという情報を得ていたので、暇つぶし に行くことにした。40回目の尾瀬になる。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/06/08 07:32
箕輪初心▲群馬百名山A26〜50
★群馬百名山は平成13年(2001)〜平成15年(2023)に群馬 県民のアンケートで「ぐんま百名山」を選定したという。 3年間で群馬の山を愛する6528人、延べ15264件という ちょっと少ないサンプル数で、どこかの機関が決めた 百名山である。深田百名山の延長であろうが、「何でこの 山がえたばれるのだろう。」という変な山もある。 趣旨を読んでも理解に苦しむ山がある。★群馬の山 90選→130選の方が素晴らしい。もしかしたら、主催 者メンバーかもしれないが、・・・。 △2... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/06/29 06:17
箕輪初心★若山牧水Iみなかみ紀行「白根温泉〜金精峠」
若山牧水は老神温泉「牧水苑」→吹割の滝→東小川で千明家 に立ち寄った。→白根温泉(泊)翌日は丸沼→金精峠に出 た。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/02/01 06:24
箕輪初心◆群馬:至仏山スキー9回目&老神温泉
★平成25年(2013)5月6日、GWの最終日は至仏山スキーにした。 尾瀬ハイキング41回目である。至仏山登山18回目で至仏山山 スキーは9回目である。しかし、今回も30年前の本物:アザラシ のシールを未だに使用している。至仏山は尾瀬ヶ原・燧ヶ岳・景鶴 山・アヤメ平の絶景を眺めながらの登山になる。登頂後の山スキー は最高である。太田組の古澤氏・生田氏&大島氏にお世話になった。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/05/07 07:04
箕輪初心▲燧ヶ岳2回&戊辰戦争
★燧ヶ岳の柴安ー2,356mは東北で一番高い山である。私は尾瀬にある から、群馬のイメージがあったが、どっぷり福島県である。登山口 は、@御池、A尾瀬沼長英新道、B沼尻、C見晴新道の4つある。 1回目は、大清水→Bの沼尻→燧ヶ岳→A尾瀬沼長英新道であった。 ★日帰りの7時間20分コースだったので、非常にきつかった。 2回目は、檜枝岐村から@御池→A尾瀬沼長英新道の一部→燧ヶ岳 →@御池周遊コースであった。結構、なだらかで楽しめた。 戊辰戦争では、会津藩が尾瀬の大江湿原に防塁を... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/21 06:42
箕輪初心▲福島奥会津▲田代山&曲屋&湯ノ花温泉
★田代山1971m。至仏山や燧ヶ岳・奥只見丸山スキー場から見える 帝釈山には、いつか登ろうと思っていた。太田スキー&ハイキング サークル&犬の会10人での山行である。猿倉登山口からは約2km、 約1時間45分の行程である。標高差は約700mであった。田代山の 山頂上部には約25 ha の高層湿原が広がっている。大雨に降られて、 霞む高層湿原を散策であった。今回は、帝釈山までは行けなかった。 帰りには、曲屋を見学し、湯ノ花温泉に寄った。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/22 06:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だめだー!尾瀬で野gusoしちゃ〜
でも素敵なとざんだね!
696
2011/05/02 23:53
木のまわりだけ、雪が解けているので、丸い穴状になっています。しかたなかったのです。結構、きつい上、怖い登山でした。
箕輪初心より696さんへ
2011/05/03 06:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▲群馬:尾瀬bS0「景鶴山」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる