城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●島根【世界遺産:石見銀山】A山吹城

<<   作成日時 : 2011/05/12 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

【1】石見銀山4部作にまとめることにした。
 @銀山柵内→A山吹城→B大森地区→C大久保長安
■訪問記・・・平成23年(2011)5月4日08:30〜11:30
○石見銀山公園の駐車場→銀山地区へ@大久保石見守長安の墓→
A安養寺前→B清水谷精錬所跡→C新切間歩→D高橋家→
E龍源寺間歩→F佐昆売山神社→○再び、高橋家前〜
画像

○9:40搦め手口=龍源寺間歩手前100m。
画像

  ※写真は大手口の看板・・・地図下より登城。
●マムシ・熊注意の看板・・・★怖ええと思いながら、登る。
画像

○九十九折りの道を行く。
画像

○東屋・・・展望が効かない。★昔の番所のあと地かもしれない?
画像

○椿の道・・・★やっと、登山者に会った。
画像

○急登・・・この直登階段が結構きつい!
○橋=空堀・・・★切ってある。
画像

○南の3郭・・・★最初の削平地である。
画像

画像

○南の2郭・・・★30m×50m?
画像

○南の1郭・・・★主郭を望む。
画像

○主郭堀・・・空堀は幅10m。深さは5m位だろうか?
画像

G▲城bU08:山吹城・・山頂部本丸。
画像

  ★国史だけあって比較的整備されいる。
  ※本丸・・・眼下に銀山谷と銀山道を見下ろせる。
画像

  遠くは三瓶山まで360度のパノラマが楽しめる。
画像

▼下城・・・
画像

○北の1郭
○北の郭2
画像

○説明板の内容
画像

 戦国時代、30年あまりに及ぶ石見銀山の激しい争奪戦の間、毛利氏が
 銀山を支配する永禄(えいろく)5年(1562)、大久保長安
 (おおくぼながやす)が、銀山奉行となる慶長(けいちょう)5年
 (1600)などを大きな節目として、山吹城は何度か改修されながら、
 石見銀山支配の軍事的な重要拠点としての役割を果たしました。
 
 山吹城の施設は山の全体に広がり、特に山頂部には主郭を中心に堅土塁
 ・空堀・石垣などが集中しています。主郭は長方形で南北52m、東西
 32m、主郭の南北に郭が階段状に連続しています。
 空堀は幅10mで主郭と堀との高低差が6mと深く、堀には木橋が
 かけられていた可能性があります。南側の斜面にある連続堅堀は19本
 以上あり、戦国大名尼子氏(あまごし)が銀山と山吹城をおさえた時に
 築き、北側の郭にある堅土塁は、毛利氏が築いたと考えられます。
 また主郭の北側の虎口には石垣を設け、周りからも城の存在が目立つよう
 にしています。
○看板&縄張り図
画像

 「東に4段、西に3段の曲輪を配した縄張りである。
  本の丸西側には空堀がある。
他に、支城が4つ?書いてあった。」
@虎口(こぐち) ・・・・・・・・城郭・陣営の所要にある出入り口。
A堅土塁(たてどるい) ・・土で盛り上げた土手。
B主郭(しゅかく) ・・・・・・・=近世城郭では、本丸に相当。
C空堀(からぼり) ・・・・・・水のない堀。防御&通路として活用。
D連続堅堀(たてぼり) ・・斜面の下方向の堀で、下って敵を攻撃。
○石垣

○北の郭3&北の4郭
画像

画像

○大手口より振り返る。★本丸の傾斜が分かる。
画像

○尾根の急坂・・・山頂下ほぼ直登に近いコンクリの階段となる。
画像

○分岐
画像

○お休み所
画像

○水曲輪
○大手口・・・★やっと、着いた。
画像

○説明板の内容
画像

「ここから少し登った場所が山吹城の大手(入り口、正面)にあたり、銀山
 支配の拠点であった休役所の跡があり、大きな石垣が残されています。
 まわりには焔硝蔵(えんしょうぐら)、下屋敷、山吹八幡社、千京(せんき
 ょう)、魚店(うおだな)、上市場(うえいちば)という地名や、戦国時代に
 創建された大満寺跡、大龍寺跡があります。
 頂上からは、北に日本海、東に三瓶山、仙ノ山、南に大江高山、矢滝
 ・矢筈城山(やはずじょうざん)などを見ることができます。
 
 山吹城は、戦国時代に石見銀山を支配するために築かれた山城です。
 標高414mの要害山(ようがいさん)は独立した山で、四方とも急な
 斜面でかこまれる地形は軍事的にすぐれ、また銀鉱山の仙ノ山と銀山川
 をはさんで向かい合い、銀山支配に最適な位置にあるといえます。
 城は周防国(すおうのくに,現在の山口県)の戦国大名であった大内氏
 によって築かれたといわれ、その後激しい銀山の争奪戦が続き、永禄
 5年(1562)には毛利氏が支配しました。江戸時代になると初代
 銀山奉行大久保長安は休役所を奉行所として使い、山吹城を普請
 (ふしん,城の改修)したことや、吹屋(ふきや,銀精錬所)を置いた
 ことが記録からわかります。その後、奉行所は大森へ移転し、代官所
 となりました。               (★看板より視写)

★結構、きつい山登りだったが、満足感はあった。

★大森地区へ急ごう。時間は45分なのだ。走って行こう。〜〜〜。
H豊栄神社→I下河原吹屋跡→J西本寺→K渡辺家
◎駐車場前・・・大森地区へL金森家→M栄泉寺
→N河島家→O交流センター→P青山家→R熊谷家
→S大森代官所・・・戻った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心▲富士山4回:平成25年世界遺産登録決定
平成25年(2013)6月22日 17:34 富士山の世界遺産登録が決定した。 カンボジアの首都プノンペンで開催中のユネスコ世界遺産委員会は 22日、富士山(山梨、静岡県)を世界文化遺産に登録することを 決定した。日本最高峰の富士山は山岳信仰の対象であり、浮世絵な ど多くの芸術作品に描かれるなど、芸術文化を育んだ山として高く 評価された。と産経新聞にあった。今まで、ゴミの山として、登録 がなされなかった。登山家:Nさんや有志の方々の努力により、 きれいになったのだ。富士山の一... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/23 07:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●島根【世界遺産:石見銀山】A山吹城 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる