城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆【東山道D】陸奥編(福島・宮城・岩手・山形・秋田)

<<   作成日時 : 2011/03/17 06:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

★写真は、後日提示+あるいは、「奥の細道」で提示します。
古代・・・「陸奥」とは現在の茨城・栃木・福島あたりまでをさしていた。
律令時代・現在の宮城県以北はまだ蝦夷の支配地であり、その後の勢力圏拡大に伴い、青森まで
含めた北日本全土を「陸奥」とした。東海道・北陸道・東山道」の「三道の奥」=「道奥」(みちのおく)が
語源だそうである。「みちのおく」→「みちのく」→「みち」→東北なまりで「むつ」となった。
松尾芭蕉の「奥の細道」は、万葉の世界を求めて旅をした。詳細は【奥の細道】で

画像


【東山道の陸奥編@(福島)】
●飛山・・・古代の烽火跡?
●白河の関・・・蝦夷地で鎮守府・・
 松尾芭蕉はやっと探し当てた陸奥の玄関口だった。
   東山道の和歌があったからである。
画像

@雄野 松尾芭蕉・曹良は白河の古関跡を求めて旗宿に宿を探した。
  でも、関の跡を確認することはできなかった。
  松尾芭蕉は宿の主人から旗宿にも関の明神があると教えられた。
  芭蕉は翌朝お参りしている。
  明神祠の場所は草木が鬱蒼と生い茂る場所だった。・・・・
画像

A松田(白河)
B磐瀬(須賀川)
C葦屋
D安積(郡山市)
●三春・・・・滝桜
画像

E安達(二本松市)・・・二本松城から安達太良山を望む
画像

F湯日
G□?腰
H伊達(伊達)・・・桑折西山城
画像

I信夫(福島市)
画像


【東山道の陸奥編A(宮城)】
●白石・・・白石城・城下町のみ散策
●苅田・・・
●柴田・・・船岡
画像

●雷電山古墳・・・東北最大の古墳・東国5位。168m。
●宮城(名取市)・・・竹駒神社
  ★東日本大地震で、凄いことになっているんだろうな
画像


◆分岐 
  1)多賀城方面へ(現国道45?号線)
  2)東山道の「名取」川崎町小野ー笹谷・山形へ(現国道286号がほぼ道筋?)

●陸奥国分寺(仙台駅から東に2q)
  源頼朝の奥州征伐で僧寺・尼寺ともに焼失。
   →藤原氏、国分氏、伊達政宗の再建。
  僧寺跡の礎石。現存する尼寺がいい。

●多賀城・・・陸奥国府(724年)  宮城県多賀城市
画像

  本殿の高さは人との比較で分かる。
画像


●多賀城碑・・・日本三碑の一つ。
画像

画像

   ★律令時代の陸奥の最大の拠点は724年に完成した。

●桃生城・・・松島?
 太政大臣藤原仲麻呂(恵美押勝)の四男。
 ※「続日本紀」・・・『陸奥国牡鹿郡において大河を跨(ワタ)り峻嶺を凌(コ)えて桃生柵を作り、
  賊の肝胆を奪う』と記載。
 ・天平宝字元年(757)  造営の準備。
 ・天平宝字4年(760)   完成。
 ・陸奥国按察使兼陸奥守兼鎮守府将軍であった藤原(恵美)朝臣
 ・神護景雲2年(768)〜他国の農民の桃生城へ移住を奨励。
 ・宝亀2年(771)    桃生郡は桃生城を牡鹿郡の一部。


【東山道陸奥編B(岩手)】
●伊治城・・・栗原市(旧栗原郡築館町) 築館。
  神護景雲元年(767) 鎮守府将軍田中朝臣多太麻呂、在地豪族の
             道嶋宿禰三山らによって造営「伝)。
  神護景雲3年(769) 2500人が移住(伝)。
  宝亀9年(778) 外従五位下。
  宝亀11年(780)宝亀の乱:上治郡大領伊治公砦麻呂が叛乱。
     伊治公砦麻呂は陸奥国按察使紀広純が覚べつ城造営のため 
      伊治城を訪れた際、大盾を殺害後、広純を殺害。

●衣川柵(柵は捕虜収容施設)
 前九年の役で、源義家が活躍。義家は次々と砦=「柵」破った。
 「衣川柵」(岩手県・平泉町附近)も落とした。衣川から敗走する安倍貞任を義家が馬で追った。
 「衣のたて(館)はほころびにけり」 と歌の下の句を貞任に投げつけた。貞任は振り返りながら
 「年を経し糸の乱れの苦しさに」と上の句を返してきた。義家は感動し追跡をやめたという。
 義家と貞任の歌問答として知られるとか。

●胆沢城(水沢市佐倉河)・・・
 延暦21年(802) 坂上田村麻呂によって造られた古代城柵。
 大同3年(808)  鎮守府が多賀城から胆沢城に移動。
  10世紀の後半ごろまでの150年間ほど機能?

●志波城(盛岡市)・・・
 延暦22年(803) 坂上田村麻呂が征夷の北の拠点として築城。
●徳丹城・・・10年後、築城。志波城から移動。


【東山道陸奥編C(宮城・山形・秋田)】
●名取からの分岐
2)東山道の「名取」川崎町小野ー笹谷・山形へ(現国道286号がほぼ道筋?)
●新田柵・・・大崎八幡神社を中心に北方に続く丘陵地。
   大崎神社境内より土師器・須恵器・布目瓦・鎧瓦・宇瓦が出土。
   東に土塁、空濠の外塁線。(大崎八幡神社入り口にある標柱)
●岩出山
●新庄
●鶴岡
●酒田
●羽後国分寺(山形駅より北東2q)護国神社西。
  出羽の僧寺・尼寺。(酒田説・米沢説・山形説。)
  ・桃山時代・・・最上義光が山形城下絵図に記載。
●象潟
●本庄
●亀田
●秋田城(秋田市) 出羽国府は秋田城。
 勅使館&秋田城 奥の細道紀行2008年7月21日
 ■訪問記・・・8:00に秋田県の北西部の高清水公園に着いた。
  秋田城は周囲550m四方を築地塀(基底幅2.1m、高さ3m)で囲まれている。
  政庁部は東西94m、南北77mあったそうだ。復元された東門を堪能した。

★後日、「奥の細道」のコーナーで詳細を記載する予定である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心●東山道陸奥編C【柴田〜秋田城】
★東山道のルート・・・東山道の起点は、近江の国(滋賀県) 瀬多(瀬田)で、終点は宮城県の多賀城までだった。 しかし、後に柴田(宮後県)でY字状に分かれた。 ―つは陸奥の国(岩手県)コース柴田〜多賀城〜胆沢〜志波。 一つは出羽の国(山形・秋田)コース柴田〜秋田城まで(推定)。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/05/05 06:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆【東山道D】陸奥編(福島・宮城・岩手・山形・秋田) 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる